アドベンチャーワールドでパンダ満喫! 象やイルカと触れ合おう(和歌山)

こどもの遊び場

ゴールデンウイーク後半戦5月3~4日にそらいろの帰省に合わせて、南紀白浜アドベンチャーワールドに行ってきました。関西では言わずと知れたパンダで有名な動物園ですね。

こども達に間近でパンダを見せてあげたいと思い遠路はるばる和歌山まで向かったのですが、

のびのびと暮らす動物たちの姿にそらいろまで魅了されちゃいました。

パンダ満喫! 象とふれあい! イルカショーに感動!

 

アドベンチャーワールドまでの行き方


遠方からだと飛行機で白浜空港へ移動するのがおすすめですが、今回はそらいろの実家(奈良)から車での移動となりました。

本当は3日にアドベンチャーワールド入りしたかったんですが、阪和自動車道から国道42号線、県道33号線までずーっと渋滞😫

 

海上釣り堀まるちょうで釣り体験

そこで今日はアドベンチャーワールドを諦めて、”海上釣り堀まるちょう”で釣り体験をすることにしました。

海上釣り堀 まるちょう Fish in the farm

こちらの釣り堀は、海上釣り堀で本格的な釣りを楽しむことができます。カンパチやシマアジ、真鯛なんかが釣れるそうですよ。

我々は気軽に楽しめるファミリー釣り堀を利用することにしました。1人3300円(貸し竿1本付き)で2時間釣り放題。

そらパパと息子くんが挑戦し、1時間余でイサキ3匹・アジ3匹を釣ることができました。

釣った魚はすべて持ち帰ることができるんですが、今日は旅館で宿泊予定になっているのでやむなくリリースです。

お土産に持って帰りたかったなぁ~

 

旅館での夕飯は、白浜名産の”クエ鍋”でした。

お店の方にいろんな部位のおいしい食べ方を教えていただいて、身も皮も唇も全部いただきました。コラーゲンたっぷりでお肌ツルツルになりそう( *´艸`)

 

アドベンチャーワールドを遊びつくそう

いよいよ2日目はアドベンチャーワールドです!

アドベンチャーワールドの概要

住所:和歌山県西室生軍白浜町堅田2399
電話:0570-06-4481
入園料:大人4500円・セニア4000円・中人3500円・小人2400円
ハーフデイ入園券、二日入園券もあり。
定休日:水曜日(祝日・春夏冬休み期間中は無休)
ペットの同伴:不可(有料ペットスペースに預けることができます)

アドベンチャーワールドへ行く前の準備

1.チケットの購入

連休はチケット購入窓口が混み合うので、事前にチケットは購入済しておきました。チケットは公式ホームページやコンビニ、JRのみどりの窓口で購入できます。また白浜温泉協同組合に加入している旅館に泊まると、割引チケット(200円引き)を購入することができます。

また入場券を購入してから翌日も利用したいと思った場合、アドベンチャーワールドサポートセンターで「2日間入園券」へグレードアップすることもできます。

また予約の必要なツアー・アトラクションやナイトマリンライブについては事前にチケットを購入していきましょう。

 

2.事前予約や当日予約の必要なツアー・アトラクションの確認

アドベンチャーワールドには、事前予約が必要なアトラクションと当日予約のアトラクションがあります。特に事前予約のツアー・アトラクションは当日どれだけ早く行っても予約が無ければ体験することができませんのでかならずチェックしておきましょう。

事前予約が必要なアトラクションの詳細はこちら

ツアー・アトラクション|チケットを購入する|アドベンチャーワールド チケットストア
アドベンチャーワールド チケットストアで取り扱う、ツアー・アトラクションの各種チケットのご購入はこちら

事前予約が必要なアトラクションは入園3営業日前までしか予約できないので注意が必要です。

また人気のナイトマリンライブは席を指定して購入する形になりますので、見やすい席を確保したい方は早めに申し込みをしましょう。

当日予約が必要なアトラクションの詳細はこちら

ツアー、アトラクション(有料:当日予約)|ツアー・アトラクション|アドベンチャーワールド
アドベンチャーワールドのツアー・アトラクション「ツアー、アトラクション(有料:当日予約)」の一覧をご覧いただけます。

当日予約の必要なアトラクションは開園後すぐに売り切れてしますことが多いです。事前に確認してどうしても参加したいツアーがある場合は、開園前に到着して並ぶ覚悟が必要です。

 

3.優先的に回りたい場所や先着順のアトラクションを確認する

広大な面積を有するアドベンチャーワールドを効率的に回るためには、事前の確認が重要です。まず先着順のアトラクションやショーの時間を確認し、何をメインに回るのか大まかな計画を立てておきましょう。

先着順の有料アトラクションはこちら

ツアー、アトラクション(有料:先着順)|ツアー・アトラクション|アドベンチャーワールド
アドベンチャーワールドのツアー・アトラクション「ツアー、アトラクション(有料:先着順)」の一覧をご覧いただけます。

ライブ・アトラクションスケジュールはこちら

ライブアトラクション・スケジュール|アドベンチャーワールド
アドベンチャーワールドの各ライブ・アトラクションのタイムスケジュールをご覧いただけます。

特に連休や夏休みは、先着順のアトラクションやショーの待ち時間が長くなることが予想されますので、優先順位や家族内での役割分担を決めておくことをお勧めします。

 

いよいよ当日!

朝からいい天気です。今回は当日予約が必要なツアーには参加しないことにして、開門から少し遅れて到着しました。まずは動物に直接エサをあげる”フィーディング”をメインに園内を回るために、入場と同時に自由に散歩しながら動物と触れ合える”ウォーキングサファリ”エリアに向かいます。

時間ごとに人気の動物のフィーディングが行われるのですが、朝一番のキリンフィーディングはもうすでに満員。50分後にスタートするアフリカゾウフィーディングに並び、無事にえさをゲット!

息子くんは怖がって直接手でバナナを渡すことはできませんでしたが、隣の男の子が上手に渡す様子を嬉しそうに見ていました。

 

 

その後もいろいろな動物にエサをあげたり、触れ合いながらウォーキングサファリを完走。

次に行ったイルカのフィーディングも大人気。1時間程の行列ができており、「代表の保護者1名のみ並んでお待ちください」とのアナウンスがありました。

待っているイルカの口に魚を投げ込むのですが、タイミングとコントロールが合わないとうまく口に入りません(;^ω^) なんどもチャレンジし、やっとパクっとしてくれました。

 

そして待望のイルカショー✨

アドベンチャーワールドのイルカショーはイルカの数が多いだけでなく、演出も素晴らしく、最後まで飽きることなくショーを堪能できました。

こどもが小さいのでナイトマリンライブは諦めましたが、昼間のショーだけでも十分楽しめました。

SUMMER NIGHT ADVENTURE 2019 | 和歌山アドベンチャーワールド
夕暮れとともに動き出す動物たち 驚きと発見に満ちたピュアな自分を取り戻す時間 家族・友人・パートナー、あなたの本当に大切な人と素晴らしい“とき”を アドベンチャーワールド「ナイトアドベンチャー」

 

待ち時間が長いこともあり、あっという間に夕方が近づいてきたため、急いでパンダ舎に向かいます。

アドベンチャーワールドには、現在5頭のジャイアントパンダが暮らしおり、パンダラブとブリーディングセンターの2か所でパンダに会うことができます。

この日はパンダラブで見学。人の多いゴールデンウィークでも、ほとんど並ばずに心ゆくまでパンダを愛でることができました。パンダたちは元気いっぱいで、かわいい姿をたくさん見せてくれましたよ。

最後にふれあい広場で放し飼いのカピバラや鳥たちと触れ合ってから帰途につきました。

パンダや動物たちと近くで触れ合える”アドベンチャーワールド”

関西を訪れた時には、ぜひ行ってほしい動物園です。

余談ですが、動物園って臭いがちょっと苦手なんですが、アドベンチャーワールドは掃除が行き届いているのか、臭いがほとんど気になりませんでした。また、ふれあい広場やわんわんガーデンなど小さなお子さんでも怖がらずに動物に近づけるエリアもたくさんあるので、初めての動物園にもおすすめです。

 

護摩壇山スカイタワーで満天の星空観賞

そして帰り道もやはり渋滞。

そらいろ
そらいろ

どうせ遅くなるなら山道を通って、途中できれいな星空を見よう!

ということになり、道の駅田辺市竜神ごまさんスカイタワーへ向かいました。

さすが日本でも有数の星空スポット、無数の星が降ってくるような素晴らしい景色。

道の駅では、車中泊をして星を見ているグループも数組いました。

しかしその後、護摩壇山から奈良に抜ける道を間違えて、車1台がやっと通れる程度の曲がりくねった山道を2時間近く走ることになるという地獄が最後に待っていたんですけどね(;゚Д゚)

そらパパお疲れさまでした。

 
 
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

こどもの遊び場釣り
そらいろをフォローする
そらいろキャンプ

コメント