「ユニフレーム ツインバーナー US-1900」レビュー ~超優秀アイテムの唯一の弱点とは~

キャンプ道具

キャンプでの料理といえば炭火や焚火での調理のイメージですが、小さいこどもがいるとなかなか難しいいんですよね。こどもが火のそばを走り回って危険だったり、調理の途中で「トイレいきたい」と言い出していったん火のそばを離れないといけないなんてこともしばしばあります。そんなファミリーキャンパーの方にぜひオススメしたいのが「ツーバーナー」です。我が家はユニフレームの「ツインバーナーUS-1900」というツーバーナーを使っているんですが、これが超優秀。バーナーが2口あることで、炒め物と煮物を同時に調理できて時短ができるし、使った後の掃除も簡単。ほんとに使いやすいんですが、一つだけ困ったことが… 今日はこのユニフレーム ツインバーナー US-1900のオススメポイントと気になる点について紹介したいと思います。

 

 

ユニフレーム ツインバーナー US-1900 レビュー

ユニフレーム ツインバーナー US-1900の商品概要

 

  • サイズ
    使用時:約540×325×290mm(ゴトク面)
    収納時:約540×325×115mm
  • 重量
    約3.9kg
  • 最大火力
    プレミアムガス:3,900kcal/h×2
    レギュラーガス:3,000kcal/h×2
  • 燃焼時間(最大火力時)
    (プレミアムガス)約45分
    (レギュラーガス)約55分
  • 点火方式
    圧電点火
  • 分散耐荷重
    約15kg(1口あたり)
  • ほか記載事項
    使用燃料:カセットガス

 

 

ユニフレーム ツインバーナー US-1900のオススメポイント

①CB缶(カセットガスボンベ)が使用できてハイパワー
610305_04 出展:ユニフレーム

ツーバーナーの燃料としてよく使われるのが、OD缶(アウトドア用ガス)・CB缶(家庭用カセットガスボンベ)・ホワイトガソリンです。この中でも特に手に入りやすく、コストパフォーマンスに優れているのが家庭でもよく使われているCB缶です。CB缶のデメリットとしては、OD缶に比べて火力が弱い、外気温が低いと火力が落ちるという点が挙げられますが、ユニフレーム ツインバーナーは、この2点を改善する機能が搭載されており、MAX3,900kcal/hの高火力を発揮できます。また火力調整も容易で、とろ火調理も可能です。

 

②パワーブースター(加温器)搭載
屋外でCB缶(カセットガスボンベ)を使用する時、外気温が低すぎたり長時間使用を続けることで、ガスが気化しにくくなり火力が低下するという現象が起きることがあります。調理をする時に火力が維持できないのは致命的ですが、この商品には燃焼部分の熱をカセットボンベに伝えることでカセットボンベを温め、液化ガスの気化を促進させ出力ダウンを防止する「パワーブースター」という機能が搭載されているので、季節を問わず安心して使用することができます。

 

③コンパクトに収納できて見た目がスタイリッシュ

コンパクトなアタッシュケース型に簡単に収納できるので、車に積載しやすいです。引き出し式のハンドルもついていて持ち運びも簡単、また重量も約3.9kgとかなり軽量です。シンプルな作りで準備や片付けも簡単です。

 

④取り外し可能なフタが風よけになる

ツーバーナーのフタ部分は、収納時に本体をしっかりガードするだけでなく、使用時は風防の役目も果たします。(サイドにも低い風防がセットできます。)また大型の鍋を使用する時には取り外すこともできる便利な設計になっています。

 

⑤掃除のしやすい汁受けとゴトク
610305_06 出展:ユニフレーム

汁受けは汚れに強いステンレス製で、凹凸がなく掃除がしやすいです。また奥から手前側に向けて傾斜がつけてあり、吹きこぼれた汁が端にたまる設計になっています。

波型のゴトクは、強度が高く重く大きいダッチオーブンから小さな鍋まで安定して載せられます。また簡単に取り外して洗うことができるので清潔に保てます。ただ傾斜で使うと鍋やフライパンが滑りやすいので注意が必要。

 

 

ユニフレーム ツインバーナー US-1900の気になる点

①卓上コンロとしては使いにくい

ユニフレームのツインバーナーは、CB缶(カセットガスボンベ)をバーナーの下部に縦に取り付ける形状です。調理専用に使うときは、直置きしても、ツーバーナースタンドに設置してもちょうど良い高さで使えるんですが、コンロを囲んで鍋物やチーズフォンデュをしたいときにはちょっと不便なんですよね。蓋が取り外せるので焚火テーブルの真ん中に置いたりすれば使えなくはないんですが、鍋物やチーズフォンデュをする時なんかはやっぱり卓上に置ける一口コンロやシングルバーナーのほうが便利ですね。

 

 

まとめ

初めてのこども連れキャンプで、炭火バーベキューのハードルの高さに直面した私が、最初に買ったキャンプ道具がこのユニフレーム ツインバーナーでした。それ以来、ツインバーナーは我が家のキャンプには欠かせない道具の一つになっています。こどものペースに合わせて、短時間でスムーズに料理ができるのは結構重要なポイントですし、2口コンロがあることで料理のレパートリーも増やせます。キャンプにツーバーナー、あるとかなり便利です。そして欠点の少ない万能なツーバーナー「ユニフレーム ツインバーナー US-1900」は、ツーバーナー選ぶに悩んでいる方にはぜひオススメです。

 

 

 

シングルバーナーについてはこちら

シングルバーナーおすすめ10選 ファミリーキャンプ用に我が家が選んだのは
我が家がキャンプでメインに使っているバーナーは「ユニフレーム ツインバーナー US-1900」です。2口コンロがとっても便利で、家のキッチンと変わりなく調理できて使い勝手は最高です。ただ少し大きいこともあって、卓上で使いたい時や、少人数キャ

 

キャンプ道具
そらいろをフォローする
そらいろキャンプ

コメント