そらいろ家の5人がそれぞれ選んだ bestキャンプ場 2018

キャンプもろもろ

2018年のゴールデンウィークにキャンプを始めたそらいろです。まだ8カ月と短いキャンプ歴ではありますが、インドア派だった我が家にとっては生活が一変した1年でした。振り返るといろいろな事件や思い出深い出来事がたくさんありますが、そんな中で我が家のメンバーが選んだbestキャンプ場を紹介していきたいと思います。

 

 

そらパパの選んだbestキャンプ場

best1 パディントンベア・キャンプグラウンド

 

我が家が初めてテント泊を経験したキャンプ場。オシャレなワンポールテントは、思っていたより広くて、家族4人+1ワンでも快適に過ごせる空間だったね。常設テントだけじゃなくて、バーベキューの食材や朝食もセットになっていて、キャンプ初心者の我が家でも安心してアウトドア体験できたのが良かった。遊園地に併設されたキャンプ場だったから、息子もとても楽しんでいる様子で、またキャンプに行ってもいいなと思えたよ。初めてのキャンプがパディントンベア・キャンプグラウンドじゃなかったら、もうキャンプはコリゴリって思っていたかもしれないよね。

 

パディントンベア・キャンプグラウンドでワンポールテント体験ができるよ
初めてのテント泊はPICAグループの「パディントンベア・キャンプグラウンド(PICAさがみ湖)」です。こちらのキャンプ場は常設テントやトレーラーハウスが充実していて、手ぶらでキャンプができるので、初心者にはおすすめのキャンプ場です。パディン

 

 

best2 白浜フラワーパークオートキャンプ場

 

2回目のキャンプで利用した南房総市のキャンプ場。ここは海が豊かで、初心者でも釣りが楽しめたのが最大のポイントだね。大きな蛸を釣り上げたときは興奮したよ!ここで海釣りの楽しさに目覚めて、今年はかなり釣りにハマったよ。来年も釣りの楽しめるキャンプをお願いします。

 

白浜フラワーパークはお魚天国②~イワシとタコと潮干狩り~
1日目の様子はこちら内房の海で遊ぶ白浜フラワーパーク2日目もとてもいいお天気で釣り日和🌞今日は釣りに潮干狩りと海で思いっきり遊びます。野崎東港でアジを狙うそらパパが朝早く、一人で釣りに出かけた先は野崎東港です。「今館山ではアジが釣れている」

 

 

息子くんの選んだbestキャンプ場

best1 戸隠キャンプ場

 

この戸隠キャンプ場はよく覚えているよ。忍者の修行をしたり、魚を釣って食べたり、クワガタを捕まえたり、すごく楽しかったもん。また忍者の修行をしにいきたいなぁ。

 

戸隠キャンプ場はこどもの遊び場がいっぱい①~ちびっこ忍者村で忍者になる~
7月の連休は長野県長野市にある戸隠キャンプ場に行ってきました。目的は3つ1.ちびっこ忍者村で忍者修業2.戸隠の自然を満喫する3.きれいな夜空の写真を撮る戸隠キャンプ場は、戸隠山に抱かれた広大な自然と広いフリーサイトが魅力のこのキャンプ場。埼

 

 

best2 赤城山オートキャンプ場

 

赤城山オートキャンプ場では、ハロウィンをしたんだよ。「トリックオアトリート!」っていいながら、たくさんお菓子をもらって回れたのが一番楽しかった。ここにきてハロウィンが大好きになったよ。来年もきっと行こうね!

 

キャンプ場でのハロウィンは楽しさ100倍~赤城山オートキャンプ場ハロウィンフェスタ~
9月に入って街はハロウィン一色でワクワクしますね。今年はハロウィンキャンプに行こうと思い、7月初めにキャンプアンドキャビンズの予約合戦に参戦しましたが、予想通り撃沈(ノД`)・゜・。 そこで他にハロウィンキャンプをしているキャンプ場を探した

 

 

娘ちゃんの選んだbestキャンプ場

best1 きゃんぴか富士ぐりんぱ

 

キャンピカ富士ぐりんぱには、シルバニアの仲間たちがいっぱいいたの。みんなとハグしたり、おままごとしたりして遊んだのがすごく楽しかったよ。キャンプ場では、お兄ちゃんと一緒にテントを立てるのも手伝ったんだよ。

 

キャンピカ富士ぐりんぱで雨キャンプ③~遊園地「ぐりんぱ」5歳と2歳の遊び方~
前回はキャンピカ富士ぐりんぱのグリーンエリアとパークエリアを徹底解剖し、多彩なキャンプサイトとオシャレなコテージを紹介してきましたが、ここからはキャンプレポです! 今回は、遊園地「ぐりんぱ」での遊び方を紹介していきますね。5歳児と2歳児は、

 

 

わん子の選んだbestキャンプ場

best1 白浜フラワーパークオートキャンプ場

 

キャンプ場では、テントにいる時もずーっとリードにつながれてちょっと窮屈なんだよね。ドッグランがあれば少しはストレス発散できるんだけど。でも白浜フラワーパークキャンプ場は、芝生のドッグランの中にテントがあって、自由にテントに出入りできるし、いつでも散歩できるし最高だったワン。いつもドッグサイトのあるキャンプ場にしてくれたらいいのにな。

 

白浜フラワーパークはお魚天国①~蛍ファンタジア~
前回の「パディントンベア・キャンプグラウンド」でのキャンプでキャンプ熱に火のついたそらいろは、梅雨に入る前にもう1度キャンプに行きたいと考え、ドッグサイトのあるキャンプ場を中心に空きがないか探していました。そんな時、白浜フラワーパークキャン

 

 

そらいろが選んだbestキャンプ場

best1 戸隠キャンプ場

 

戸隠キャンプ場は、戸隠山に抱かれた手つかずの自然の中にあるキャンプ場です。場内には川が流れ、川遊びだけでなく渓流釣りも楽しめます。また夜になると場内でもクワガタを目にすることができました。サイトは戸隠山が一望できる区画サイトと広大なフリーサイトにわかれていますが、特にフリーサイトがすばらしく、草原、河原、林間など自分の好きロケーションにテントを張って滞在することが可能です。首都圏からは4時間とかなり距離がありますが、もう一度訪れたいと思う素晴らしいキャンプ場でした。

 

戸隠キャンプ場はこどもの遊び場がいっぱい③~夜の林でクワガタ獲り&昼の川でニジマス釣り~
いよいよキャンプ開始です。夜はさっそくキャンプ場のイベントに参加! 2日目はキャンプ場の自然を遊びつくします。戸隠キャンプ場での遊び方「昆虫夜間燈火探索」でクワガタを捕まえよう時間はすでに17時すぎです。19時30分からキャンプ場主催の「昆

 

 

best2 有野実苑オートキャンプ場


有野実苑オートキャンプ場は、戸隠キャンプ場ほどロケーションや自然に恵まれた立地ではありませんが、樹木を多く残したサイトはプライベート感がありほどよくワイルドです。またこどもが遊べる場所やイベントがたくさん準備されているのもいいですね。首都圏から90分と利便性のよい場所にあり、バランスのとれたこちらのキャンプ場。来年もリピート確定です。

 

有野実苑オートキャンプ場 レポ後編~家に財布を置き忘れ!そして温暖な千葉なのに0度!波乱万丈なキャンプから無事帰還できるか~
ちょうど冬将軍がやってきて、東北や北海道では大雪なんてニュースも流れる中、ずっと行ってみたかった有野実苑オートキャンプ場に今年最後のキャンプに行ってきました。日曜日の静かなキャンプ場で、舞い散る落ち葉の下でゆったりと流れる時間。平日キャンプ

 

 

まとめ

キャンプを初めて8カ月、計12回のキャンプを経験しました。初めは慣れないテント設営に四苦八苦したり、外遊びになれないこども達をどうやって遊ばせればいいのか思案したり、猛暑も氷点下も体験し、少しはキャンプレベルがアップしたんじゃないかと思います。来年はどんなキャンプが待っているのか、今から楽しみでしかたありません。そしてもう一つ、このブログをはじめたことも私にとっては大きな出来事でした。こんなに打ち込める趣味を2つも見つけることができて、こんな私の書いた記事を読んでくれる読者の方がいてくださって、今過去最高に充実した毎日を送ることができています。来年も楽しく読んでいただける記事を書いていきたいと思いますので、良かったらのぞいてみてくださいね!

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント