【実践レポ】DOD「 ジャケシュラ」をキャンプで試してみた~大人ジャケット編・こどもシュラフ(寝袋)編~

キャンプ道具

先日購入したDODの『ジャケシュラ』を先日のキャンプで試してきました。大人の焚き火用ジャケットとしても、こどものシュラフとしてもなかなか使い勝手が良くて、秋から春にかけて活躍してくれそうな予感。では実践レポをどうぞ。

 

 

DOD ジャケシュラは買いか?!

DOD ジャケシュラの紹介

カラーカーキグレー
希望小売価格オープンプライス
収納サイズ(約)W60×D22×H22cm
重量(付属品含む)(約)2.5kg
材質生地:コットン
中綿:ポリエステル
推奨使用温度5℃~
推奨身長~175cm
推奨ウエスト~90cm
JANCODE4589946141368

出展:DOD公式

 

ジャケシュラは、行動時はジャケットとして、就寝時はシュラフとして使用できる2WAY寝袋です。素材はコットン100%なので、火に強く焚火ウェアとしても使用できます。就寝時は、足部分のパーツをファスナーでつなげることで寝袋として使用できる優れもの。ネットを使用すれば家庭用洗濯機で丸洗いできるので、清潔を保てます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

【レビュー】『DOD ジャケシュラ』を早速購入 ジャケットでシュラフ?! 使い勝手を徹底検証
冬の焚火は楽しい、でも大事な服に穴を空けたくない。そんな時に便利なのがコットン素材のポンチョやジャケットですよね。スノーピークやノースフェイスからは、難燃性のジャケットが発売されているけど結構お高い。巷で大人気のワークマン「綿かぶりヤッケ」

 

 

ジャケシュラを焚火ジャケットとして使用してみる

①サイズ

ジャケシュラは、身長164㎝・服のサイズはⅬの私でもゆとりをもって着用できるサイズです。女性なら中にダウンジャケットを着ることも可能。男性でも薄手のインナーダウンやベストなら着用できそうです。

 

 

 

②あたたかさ

この日の私の服装は、「ヒートテック上下・ハイネックセーター・ジーンズ・ジャケシュラ」です。中にインナーダウンなどは着ていなかったんですが、それでも十分温かいです。火のそばを離れても特に問題なし。厚手のコートを着ているくらいの感覚で過ごせました。

 

 

 

③火に強いか

今回は焚火に針葉樹の薪を使っていたので、けっこう爆ぜて火の粉が飛んできました。ジャケシュラの上に小さい火の粉が付くこともあったんですが、すぐに気づいて払いのけたので焼け焦げることはありませんでした。もちろん火の粉が付いたまま長い間放置すれば焦げてしまいますが、化繊のようにすぐに穴が開くということはありませんでした。ちなみに焚火中少し席を離れた間に椅子が…(ノД`)・゜・。 1000円くらいの安い椅子だったから笑い話で済ませますが、これがヘリノックスやお気に入りのダウンジャケットだったらと思うと冷汗が出ますよね。

 

 

④ジャケットとしての評価

焚火ジャケットとしては、十分あたたかく使えると思います。手首の部分をマジックテープで絞れますし、丈も膝あたりまであるので、袖口や裾から火の粉が入り込む心配もありません。ただどうしても煙の臭いがついてしまうので、臭いが気になる方はジャケット兼シュラフとして使用するのは難しいかもしれません。我が家はファブリーズして、そのまま息子のシュラフとして使用しましたが、テント内が煙臭くなるほどではありませんでした。

 

 

ジャケシュラを子ども用寝袋として使用してみる

①サイズ

ジャケシュラは、大人が着用する時には足部分のパーツをファスナーでつなげて使用します。我が家ではこども用に使用するのでジャケットだけを使用、110㎝の息子くんが着用するとちょうど足先まで隠れるサイズです。袖は相当長いですが、手首のマジックテープを絞めればこんな感じで着用できます。

 


 

 

②あたたかさ

今回は息子くんがヒートテック上下、スウェット上下、フリースのベスト、ジャケシュラ上を着用して就寝しました。室温は10~13度(セラミックヒーター使用)、足元に電気毛布を掛け、床面はホットカーペット(弱)の上にベッドパットと封筒型シュラフを敷いています。本人いわく、「フードをかぶっていると首元が熱いくらいだった。夜は寒いと感じることは無かった。」とのことで、朝方「暑いから袖を脱がせて」と訴えてきました。外気温0度・テント内10度程度でも、電気毛布やホットカーペットがあれば、ジャケシュラ+封筒型シュラフで問題なく就寝できそうです。(個人差がありますので、あくまで参考まで。)

 

 

 

③シュラフとしての評価(こどもが使用した場合)

これまで息子はマミー型シュラフで寝ていたんですが、夜の間に自力で何度もシュラフからはい出してきて、シュラフに戻したり、布団を掛けたりするのが大変でした。でも今回ジャケシュラを使ってみたところ、夜の間一度もシュラフからはい出すことがありませんでした。手首のマジックテープが良い仕事をしてくれて、寝返りをうったり、上に這いだそうとすることがあっても、シュラフが脱げてしまうことがなかったようです。ジャケシュラは、電源サイトで使用するのであれば、封筒型シュラフとの併用で冬でも十分使用可能だと思います。冬キャンプでこどもに風邪をひかせてしまう心配が少しでも減って、我が家としては大満足です。

 

 

まとめ

ジャケシュラは、ジャケットとして使用しても、シュラフとして使用しても十分満足できる商品でした。ジャケット兼シュラフとして使用するかは、煙の臭いや汚れが付いたままのジャケットを着て寝るのに抵抗があるか、無いかで意見が分かれるところだと思いますが、我が家としてはファブリーズで対応できるかなと思っています。子ども用シュラフとして考えると値段が高いかなと思いますが、シュラフからはい出す我が家のこどもに、寒い思いをさせずに済むと考えればちょと高くても買ってよかったと思います。

様々な使い方ができるジャケシュラ、あなたなりの使い方で冬キャンプをより快適にしてみてはいかがですか。

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

キャンプ道具
そらいろをフォローする
そらいろキャンプ

コメント