有野実苑の農園レストランで絶品ランチ!家族風呂でのんびり!ほんとにオススメだから利用してみて!

キャンプ場

去年の12月に息子くんとのデュオでお邪魔した有野実苑オートキャンプ場にすっかり魅せられ、2ヶ月後にまた訪問しちゃいました。そして今回は、家族全員でのファミリーキャンプなので、有野実苑名物の「家族風呂」や、ちょっと敷居が高いかなと思っていた「農園レストラン ヴェルデューレリッコ」も体験してきちゃいました。どちらもクオリティーが高くてビックリ!やっぱり有野実苑最高‼ ではキャンプレポです、ご覧ください。

 

 

有野実苑はキャンプ場以外の施設も充実

家族風呂を利用するなら受付はお早めに

 

3月1週目の週末、あいにく日曜日は午後から雨の予報でしたが、かねてから計画していた薪ストーブキャンプをすべく有野実苑オートキャンプ場へでかけます。朝寝坊な家族を急かせて早朝に出かけようとすると、出かける前に無駄に疲れちゃうので、最近は10時頃出発するのが我が家のスタイルに(;^ω^)

今回は家族風呂を利用してみたかったので、外環道路から京葉道路をひた走り、途中昼食をとらずに直接有野実苑に向かいます。渋滞もそれほどなく、12時過ぎには有野実苑に到着、さっそく受付に向かいますが、この時間でも家族風呂の空きは、すでに夕食時の18時台と最終の20時半のみでした。18時台はあわただしくなりそうなので、20時半に予約。

 

家族風呂は人気なので、希望の時間に家族風呂を予約したいなら12時より前に到着しましょう!利用料金は、1回40分間で2500円です。

 

 

大きめのテントを建てる時は事前に相談を

 

今回はランドロックを設営することにしていたので、利用数日前に電話でサイトについて確認しました。その時にスタッフの方から注意事項が

 

キャンプ場職員
キャンプ場職員

次からは、予約時に大型のテントを張ることを伝えておいてくださいね。

ということで、当日準備していただいたのは、「C-7」サイトです。このサイト周辺は比較的区画が広く、向いや横のサイトの方は2組でグループキャンプをされていました。おかげでランドロックを張っても前後左右に余裕があり、薪ストーブも設置することができました。

 

そらいろ
そらいろ

直前の連絡だったのに、対応していただいてありがとうございました。

 

有野実苑は綺麗に区画わりされたサイトが多いですが、中には自然の地形を生かした四角形ではないサイトや、狭めのサイトもあります。大きめのテントやシェルターを建てたい時は予約時に伝えましょう。比較的広めの場所を用意してもらえます。

 

 

念願の薪ストーブキャンプ

 

去年キャンプをはじめて、すっかりはまっているそらいろ。今年は冬キャンプにもチャレンジしましたが、やっぱり外気温が0度以下になるとホットカーペットとセラミックヒーターだけでは快適にすごせないんですよね。そこで来年の冬に向けてストーブの購入を検討し始め、2月には灯油ストーブを借りてを大子広域公園グリンヴィラでキャンプをしてきました。灯油ストーブはお手軽で快適で、冬キャンプにピッタリだったんですが、もう一つ気になっている物があるんです。それが「薪ストーブ」です! ということで、今回は有野実苑で薪ストーブをレンタルして、その使い勝手を検証してみることに。薪ストーブレンタルの記事は別にアップしていますので、気になる方はこちらをご覧ください。

 

【冬キャンプの装備】薪ストーブと灯油ストーブを比較!その絶対的な違いとは?~有野実苑で薪ストーブレンタルにチャレンジ~
冬にキャンプ場へ行くと、テントからニョキっと煙突がでていることありますよね。キャンプ上級者の証「薪ストーブ」です。「薪ストーブ」カッコいいですよね、テント内で炎を見ながらまったり過ごすの憧れますよね。火遊び大好きそらいろは、冬キャンプに何度

 

薪ストーブを使ってみた感想は、テントの中で焚火を楽しめる感覚で、とっても癒されるし、薪ストーブを使って調理もできるし、とにかく楽しいです! 半面、火事ややけどの危険性は灯油ストーブ以上ですし、一酸化炭素中毒の危険性もあります。設営や撤収の手間もかかり、荷物も多くなります。

 

デメリットがたくさんあっても、その魅力に取りつかれてしますのが薪ストーブです。ただファミリーキャンプで薪ストーブを使うのは、思った以上に難しいです。薪ストーブの購入を検討している方は、いちど有野実苑でのレンタルをお勧めします。1泊2000円で、薪ストーブと幕よけのセットがレンタルできます。

 

 

農園レストラン「ヴェルデューレリッコ」は野菜もお肉も絶品

 

テントの設営を終えた頃には、もう13時を過ぎていました。今から昼食を作るのも大変かなという話をしていると、パパから思わぬ提案が、

 

そらパパ
そらパパ

キャンプ場にあるレストランに行ってみようか?

そらいろ
そらいろ

それいいね、行こう行こう(^◇^)

むすこくん
むすこくん

僕ピザたべるー

 

ということで、イタリアンレストラン「ヴェルデューレリッコ」に行ってみることにしました。こちらの農園レストラン、気になってはいたんだけど、ちょっとお高いイメージで自分からは行きたいって言えなかったんですよね。ナイス、パパ(笑)

 

 

ワクワクしながら扉をあけると… ランプのやさしい光に包まれた、柔らかくてオシャレなインテリアお出迎えしてくれます。奥に進むとキャンプ用品の展示スペースや薪ストーブもあって、さすがキャンプ場併設のレストランって感じです。

 

 

店内の客席は、テーブル席と座敷席があるので、小さいお子さんがいてもゆっくり過ごせそうですね。そして入口右側にはテラス席が並んでいて、ペットの同伴がOKなのがうれしいところ。

 

 

わん子は車でお留守番予定でしたが、テラス席があったので一緒にランチに参加できることに。テーブルの下で、こども達の足元に張り付いてこの真剣なまなざしです(笑)

 

 

私がわん子を車に迎えに行っている間に、パパがお店の方からランチの説明を受けて注文をしてくれていました。何を頼んだのかというと…

 

 

そらいろ
そらいろ

スペシャルペアランチ(+子ども用のマルゲリータピザ)って何の記念日なんでしょう?!

そらパパ
そらパパ

まあ、早めのホワイトデーということで(^_-)-☆

 

 

はじめに出されたのは、水に入ったコップとなにやらタブレット状のもの。このタブレットを水の中に入れると、なんとおしぼりになります。なんという可愛い演出✨

 

 

続いて出てきたのは、地元のお野菜中心の前菜です。小さいこどもがいると、ついファミレスあたりで外食を済ませちゃうので、こういうオシャレに盛り付けされたコース料理とか何年ぶりって感じですよね。そしてこのお野菜がとにかく美味しいんです! 普段あまり生野菜を食べないこどもたちも、

むすめちゃん
むすめちゃん

おいしいね、ママ(#^.^#)

むすこくん
むすこくん

この野菜は、なんていう名前なの?

そらいろ
そらいろ

新鮮なお野菜ならこんなに食べてくれるんだなぁ。これから野菜ステックとか普段の食事にも取り入れてみよう!

 

 

 

続いて出てきたのが、メインの「九十九里オーシャン☆ビーフ」です。スキレットにこんな風に盛り付けると、ワンランク上の料理になるんですね、勉強になります。そしてこのお肉が、

 

そらいろ
そらいろ

とにかく美味しい。大事なことなのでもう1回いいます、ほんとに美味しい。

そらパパ
そらパパ

A5ランクってやつかな、コレ。

むすめちゃん
むすめちゃん

もっとちょうだい、もっともっと。

娘ちゃんがすごく気に入っちゃって、一人で半分くらい食べました( *´艸`)

 

 

サービスの雑穀ごはんは、シェラカップに入ってきます。キャンプっぽくていいですね。続いてピザとパスタが運ばれてきて、最後に旬のいちごを使ったデザートとドリンク。

 

 

ペアランチって名前ですが、けっこう量が多いし、サービスで雑穀ごはんも付けてもらえるので、これだけでも大人2人と小さいこども2人なら十分お腹いっぱい食べられますね。パスタも追加料金で大盛にできます。サーブされるタイミングも、けっこうスピーディーなので、こどもが飽きることなく最後まで美味しくいただくことができました。「ヴェルデューレリッコ」本当に美味しいお店なので、キャンプで訪れた時にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

何の予定もないキャンプもいいよね

 

遅めの昼食の後は、テントでまったりしたり、遊具広場で遊んだり、薪ストーブに火入れをしたり、移動販売車をのぞいたり、のんびりとした午後を過ごします。いつもなら写真を撮りながらキャンプ場内を散策したりするんですが、2カ月前に訪問しているので写真もあんまり撮らず。撮らなさ過ぎて、今回利用したサイトの写真さえないという(;^_^A

 

 

薪ストーブで煮込み料理にチャレンジしたものの…

 

夕食は、せっかく薪ストーブがあるんだから煮込み料理にしてみようと思い、ポトフを作ることに。でも薪ストーブの火力が思いのほか強かったのと、子ども用に野菜を小さく切りすぎたのとで、出来上がったのは煮込みすぎて魔女のスープ化した液体(ノД`)・゜・。

 

 

パエリアは美味しくできたんだけど、やっぱりスキレットやパエリア鍋があると、見た目がグッと良くなるんだろうなぁ。煮込み料理用にストウブも欲しいなぁ。

 

そらいろ
そらいろ

今日の昼食の盛り付けに触発されて、オシャレな食卓に憧れが(*ノωノ)

むすめちゃん
むすめちゃん

可愛いの大好き(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

小さいこども連れでもゆっくりできる家族風呂は最高!

 

この日は、20:30に家族風呂の予約を入れていたんですが、夕方から遅めの昼寝を始めていた娘ちゃんと、お酒を飲んで睡魔に襲われているパパがなかなか起きません(;^ω^) でもせっかくの家族風呂だしみんなで入りたかったので、娘ちゃんを抱っこし、パパのお尻を叩いてお風呂に向かいます。

お風呂の券をお風呂受付の職員さんに渡して、初めて家族風呂を利用することを伝えると、お風呂の場所まで案内して、説明書を渡してくれます。

 

家族風呂利用上の注意点

〇貸し切り時間は40分です。
〇身体を洗ってからご入浴ください。
〇大きな声は外のお客様に聞こえますので、注意してください。
〇滝口のお湯は44度と熱めなので、お子様がやけどをしないように注意してください。
〇あふれたお湯が井戸ポンプに入ってポンプが使えるようになります。遊びすぎるとお風呂のお湯が減ってしますので注意。

 

有野実苑には、「和(なごみ)」と「楽(らく)」という趣が異なる2種類の借り切り風呂があり、受付時に予約すれば、40分2500円で利用できます。今回我が家が利用するのは、「貸切風呂(楽)」です。ネットでもとても評判がいいので、期待に胸を膨らませて扉を開けると、

 

 

そらパパ
そらパパ

わぁ、ここキャンプ場とは別世界だね。

そらいろ
そらいろ

この昭和レトロ感。完全に好みのど真ん中です(≧◇≦)

 

お風呂の中も統一された空間づくりがされていて、すごく癒されます。浴槽の滝口が、ぷくっとフグみたいに膨らんだ蛇口だったり、井戸ポンプが付いていたり、細部にまでこだわりが感じられて、いちいちニヤニヤしちゃいます。

 

 

大人も癒されますが、こどもも井戸ポンプを体験してみたり、ぞうさんじょうろうやアヒルのおもちゃで遊んで大はしゃぎです。本当にいいお風呂なんですが、1点だけ気になるところが。

最初に浴室に入ると窓が全開になっていました。でもエアコンが無いので、お風呂の熱気だけでは浴槽や脱衣室が温まるまでに時間がかかってしまい、冬場は結構寒いです。

春から秋なら全然問題なさそうですし、最近は冬キャンプがこんなに盛りあがってきているので、きっと改善されるだろうと期待!

 

 

お風呂で温まった後は、お風呂棟の隣にあるランドリー棟に設置してあるドライヤーで髪を乾かして、そのままシュラフの中へ。温かいお風呂に入ってそのまま寝られるのってしあわせですよね、キャンプ場内にお風呂があるのってほんとにうれしい。特に貸切風呂だと、小さいこども連れでも周りに気兼ねすることなくゆっくりお風呂に入れるので、ファミリーにはありがたいですよね。

 

 

今年も雨女健在!3月にして2度目の雨撤収

前日まで、天気予報では午後から雨の予報だったので、早起きして撤収しようかと思っていましたが… 朝6時頃から結構な雨が降ってきました。天気予報を見ると、朝からずっと雨予報に代わっていました。前回のグリンヴィラでの雪撤収に続き、今回も雨撤収。去年もさんざん雨に降られましたが、今年も雨とのお付き合いが多くなりそうです(ノД`)・゜・。

もうあきらめてゆっくり撤収開始。だんだん雨撤収にも慣れてきて、スピーディーにゴミ袋にIN。レンタルしていた薪ストーブを返却し、チャックアウトを済ませて外にでると、有野実苑勤務の某有名ブロガーさんが、声をかけてくださいました。(吹き出しは女性ですが、本物はワイルドな男性です💦)

 

キャンプ場職員
キャンプ場職員

レンタル品は返却されましたか?

そらいろ
そらいろ

返却しました!ブログいつも拝見しています。私もブログ書いてるんで、今回も記事にさせてもらっていいですか?

キャンプ場職員
キャンプ場職員

もちろんOKです。おたがいがんばりましょう!

とがっちりと握手をしてくださいました。前回は受付でお会いしたんですが、声を掛けられなかったのでラッキーでした(^^♪

 

 

まとめ

2回目の有野実苑オートキャンプ場では、前回とは全く違った、ちょっと贅沢でゆったりした時間を過ごすことができました。こちらのキャンプ場は、きれいに整備された区画サイトだけではなく、野趣あふれるソロサイトやちょっとワイルドなサイトまでいろいろな場所があり、ファミリーからソロまで、いろんなキャンパーがそれぞれの楽しみ方で過ごせる懐の深さを持っています。首都圏から90分車を走らせるだけで、喧騒を忘れて特別な時間を過ごせる有野実苑オートキャンプ。これからのキャンプシーズンに、あなたもぜひ一度訪れてみてはいかがですか?

 

関連記事

【冬キャンプの装備】薪ストーブと灯油ストーブを比較!その絶対的な違いとは?~有野実苑で薪ストーブレンタルにチャレンジ~
冬にキャンプ場へ行くと、テントからニョキっと煙突がでていることありますよね。キャンプ上級者の証「薪ストーブ」です。「薪ストーブ」カッコいいですよね、テント内で炎を見ながらまったり過ごすの憧れますよね。火遊び大好きそらいろは、冬キャンプに何度

 

有野実苑オートキャンプ場 レポ前編~ワイルドだけど高規格!!収穫体験や露天風呂が楽しめるファミリーにやさしいキャンプ場~
今回お邪魔した有野実苑オートキャンプ場は、首都圏から1時間余りで行けるのに、自然が豊かでプライベート感のあるとっても良い雰囲気のキャンプ場です。そして収穫体験に露天風呂、こどもの遊び場もいっぱい!楽しいことがギュッと詰まった有野実苑について

 

有野実苑オートキャンプ場 レポ後編~家に財布を置き忘れ!そして温暖な千葉なのに0度!波乱万丈なキャンプから無事帰還できるか~
ちょうど冬将軍がやってきて、東北や北海道では大雪なんてニュースも流れる中、ずっと行ってみたかった有野実苑オートキャンプ場に今年最後のキャンプに行ってきました。日曜日の静かなキャンプ場で、舞い散る落ち葉の下でゆったりと流れる時間。平日キャンプ

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

 

コメント

コメント