【鳥取 キャンプ】大山 森の国キャンプ場 を詳しく紹介

キャンプ場

鳥取県西部、大山の麓にある「森の国」は、キャンプ場・バーベキュー場・大山フィールドアスレチック・遊具広場・自然体験プログラムなどを備えた、アウトドアレジャー施設です。広大な遊び場は1日では遊びつくせないほどで、キャンプをしながらゆっくり楽しむのがおすすめ。そこで今回は「森の国キャンプ場」について詳しく紹介していきます。

 

森の国キャンプ場の基本情報

「森の国」の概要

 

森の国
「森の国」のフィールドアスレチックは西日本最大規模・全45ポイントの自然山林を利用した本格的なコースだから一日中楽しめちゃうよ。

 

住所:鳥取県西伯郡大山町赤松634
電話:TEL 0859-53-8036
サイト利用料:中学生以上 1,800円~ 3歳以上 1600円~(入場料+宿泊料+ごみ処理料)※繁忙期は別料金
チェックイン:13:00~(森の国の利用は9:00から可能)
チェックアウト:~11:00(森の国の利用は17:30まで可能)
ペットの同伴:可

 

 

森の国の施設

 

ビジターセンター

駐車場に入ってすぐ見えてくる三角屋根の建物が、森の国ビジターセンターです。この建物では、各種受付、売店、レストラン、トイレなどが併設されています。ビジターセンターの営業時間は、9:00~17:30です。

 

 

総合受付

建物正面が各種受付になっていますが、ゴールデンウィーク中はキャンプ受付のみ建物内で行われていました。料金の支払いは現金のみです。

 

入場料金:大人(中学生以上)900円 小人(3歳以上)700円 愛犬(1頭)500円
キャンプ料金(入場料金+宿泊料+ごみ処理料):大人 1,800~2,300円 小人 1,600~2,100円 ※シーズンカレンダー参照
ドッグラン:愛犬(1頭目)1,500円 (2頭目以降)1,000円

 

 

売店

売店には、ガスカートリッジや電池、使い捨ての食器類など最低限の消耗品が売られています。その他には、お菓子やオモチャ、大山のお土産が売られています。売店コーナーには、鳥取や大山周辺のパンフレットが各種用意されているので、周辺の遊び場を調べるのに便利です。

 

 

レストラン

レストランでは、ランチや軽食にちょうどいいメニューがそろっています。キャンプ中でも料理をする暇がない時や、こどものオヤツなどに利用できて便利です。

 

 

トイレ・授乳室

ビジターセンター内には、通常のトイレの他に、子ども用トイレが設置された多目的トイレや授乳室があるのがうれしいですね。もちろん大人用トイレはウォシュレット付きです。

 

 

 

キャンプステーション

キャンプ場中央付近には、キャンプステーションがあります。こちらには、炊事場やバーベキュー場、無料の温水シャワールーム、レンタルステーションなどがあり、22:00まで利用できます。

 

 

炊事場

キャンプ場内には4カ所の炊事場がありますが、そのうちの1つがキャンプステーション内の炊事場です。こちらの炊事場には、給湯器が1台設置されており、自由にお湯を使うことができます。また生ごみ用の三角コーナーや生ごみ用ゴミ箱、スポンジ類や洗剤も常設されていて、自由に使うことができます。

 

 

 

冷蔵庫・電子レンジ・トースター・電気ポット・充電ステーション

「森の国キャンプ場」の最大のウィークポイントが、電源サイトが無いこと。なんですが、そのデメリットをカバーすべく設置されているのがこちらのコーナーです。冷蔵庫・電子レンジ・トースター・電気ポットが無料で使えるんです。さらに計7個のコンセントタップが、モバイルバッテリーやスマホなどの充電用に自由に使えるようになっています。これは連泊キャンプをする時、本当にありがたいですよね。もちろん紛失などは自己責任になりますが、私の利用中は特にトラブルなどは聞きませんでした。

 

無料の充電ステーションが設置されているので、電源なしサイトでも最低限の充電ができる!

 

 

 

温水シャワー・洗濯機・乾燥機

更にもう一つうれしい施設が、2016年にリニューアルされたきれいなシャワールームです。キャンプステーション内に5つのシャワーブースが設けられており、キャンプ利用者は無料で温水シャワーを利用することができます。またコイン洗濯機と乾燥機も設置されているので、連泊キャンプの時などに便利です。

 

キャンプ場利用者は、無料で温水シャワーを利用できる!

 

 

 

レンタルサービス

レンタル用品はキャンプステーションでで借りることができます。初めてのキャンプでも困らないように、必要なものはほぼ網羅されています。また薪や炭もここで購入することができます。

 

ャンプステーション及びビジターセンターで、薪1束・炭1㎏ 500円で販売。

 

 

 

ゴミ捨て場

キャンプステーション前には、ゴミ捨て場があり24時間ゴミを捨てることができます。ゴミ箱は燃えるゴミ・ビン・カン・ペットボトル・ガスボンベ・電池等に分別して捨ててください。

 

 

 

かまどハウス

第2キャンプサイト内には、炊事場やかまど、椅子とテーブルが設置された、かまどハウスがあります。初めてのキャンプで焚き火台やテーブル等が無い方でも、気軽にダッチオーブン料理やカレー作りが楽しめるのがうれしいですね。

 

 

 

トイレ

ビジターセンターとキャンプステーションの間にはトイレ棟があり、女子トイレは8室と男子トイレ5室、多目的トイレが設置されています。女子トイレの5室と多目的トイレはウォシュレット付きです。

 

 

 

 

森の国のキャンプサイト

森の国キャンプ場には、車の乗り入れが可能なオートサイトと車の乗り入れが不可のフリーサイトの2種類があります。料金はどちらも同じですので、遊び場に比較的近いフリーサイトを選ぶか、遊び場からは少し遠いけれどサイトに車を横付けできるオートサイトを選ぶかは好みで選びましょう。サイトはすべて非電源サイトです。

 

荷下ろし場・カートレンタル

フリーサイトを利用する際は、一旦荷下ろし場に車を停め、カート等で荷物をサイトまで運びます。荷下ろし場横には、レンタルできるカートが準備されており、自由に使うことができます。荷物を下ろした後は、車を臨時駐車場に移動します。ビジターセンターから荷下ろし場や臨時駐車場へは、係りの職員の方が案内してくれますので迷うことはなさそうです。

 

 

 

①オオタカサイト(30サイト)

キャンプステーション右奥のフリーサイト。サイトは区画ごとに丸太で区切られており、比較的プライベート感があります。地面は真砂土もしくは芝生敷きで、区画によってはカマドが常設されている場所もあります。サイト中央には炊事場があるので便利です。

 

 

 

②フクロウサイト(12サイト)

キャンプステーションの向かって左下にあるフリーサイト。地面は芝生が敷かれており、区画はロープで区切られています。サイト内にはかまどハウスがあり、キャンプステーションやトイレからも近い便利なサイトです。

 

 

 

③ウグイスサイト(11サイト)

キャンプステーションの後ろ側にあるフリーサイト。地面は芝生が敷かれており、区画はロープで区切られています。キャンプステーションに近く、スタッフの方がいつも近くにいるので初めてのキャンプの方でも安心です。

 

 

 

 

④キツツキサイト(15サイト)

遊びの広場に隣接したフリーサイト。地面には芝生が敷かれており、区画の境目はロープで区切られています。トイレは少し離れていますが、サイト内に小さな炊事場があります。何より遊びの広場を見渡せる場所にあるので、こどもの様子をサイトから見守れるのがうれしいところです。

 

 

 

バンブーオートAサイト(25サイト)

キャンプ場の外周道路沿いに設けられたオートサイト。遊びの広場、炊事場やトイレからは一番遠くなりますが、車を横付けできるので便利です。地面には芝生が敷かれており、区画の境目はロープで区切られています。

 

 

 

フォレストオートBサイト(5サイト)

ドッグランの後方の林間に設けられたオートサイト。地面は真砂土で、区画は植え込みで区切られています。他のサイトとは離れた場所にあり、比較的静かで落ち着いた雰囲気です。炊事場は少し離れていますが、トイレは近くて便利です。

 

 

 

森の国のアクティビティ

森の国では、多彩な遊び場やイベントが準備されています。特に森に分け入る形で作られた、西日本最大規模の「大山フィールドアスレチック」は大人気です。また、マウンテンバイクで森の中を走る「ダウンヒル・サイクリングツアー」や樹上冒険ができる「ツリークライミング」など、本格的なアウトドア体験ができるのも魅力です。小さなおこさんは、遊びの広場にある遊具や砂場で遊ぶこともできるので、年齢問わず楽しめます。

 

 

 

 

まとめ

今回森の国には5泊6日で滞在しましたが、無料の電源ステーションや冷蔵庫、整った設備のおかげで快適に過ごすことができました。ホームページを見ると、毎年設備を改善してさらに高規格なキャンプ場を目指されているのがよくわかります。森の国は、アスレチックをはじめ様々な遊びや体験できて、1日では遊びつくせません。ぜひキャンプをしながら、数日間めいっぱい楽しんでもらいたいです。キャンプステーションでは、各キャンプ用品のレンタルが充実しており、ベテランのアウトドア指導員の方もおられるので、初めてでも安心してキャンプを楽しむことができます。あなたも是非「森の国」を体験してみてくださいね。

 

関連記事

山陰地方(鳥取・出雲)キャンプ旅~そらいろ的 観光スポット おすすめランキング~
2019年の10連休ゴールデンウィーク、みなさんはどんなキャンプを楽しまれましたか?そらいろ家はせっかくの長期休暇を目いっぱい楽しもうと、これまで行ったことのなかった鳥取と島根を旅してきました。山陰地方はほんとに見どころがいっぱい!!そこで

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

コメント