【栃木 日光】リニューアル後の大笹牧場キャンプ場を紹介~今からでも夏キャンプに間に合う!標高1,000m以上の穴場キャンプ場~

キャンプ場

7月の3連休、去年は自然いっぱいの戸隠キャンプ場で釣りや虫取りを満喫したんですが、いかんせん35度以上の猛暑の連続で熱中症寸前。そこで今年は更なる避暑地を求め、日光 霧降高原 大笹牧場キャンプ場を目指すことに。こちらのキャンプ場は、2019年5月にリニューアルしたばかりとのことで、新設サイトや設備をどどんと紹介してみたいと思います。

 

 

大笹牧場オートキャンプ場の紹介

大笹牧場オートキャンプ場の概要

 

オートキャンプ
四季折々の自然と新鮮な乳製品・絶品グルメが味わえる雲海と天空のリゾート牧場、日光霧降高原大笹牧場。

 

住所:栃木県日光市瀬尾字大笹原3405
電話:0288-97-1116
営業日:4月末~10月末
チェックイン:12:00~
チェックアウト:~11:00
料金:1区画:6,000円(税込)
ペットの同伴:可

 

 

大笹牧場オートキャンプ場への行き方

 

大笹牧場オートキャンプ場へは、東北自動車道を宇都宮方面に進み、宇都宮ICから日光宇都宮道路に入る。今市ICを今市/鬼怒川方面の国道121号に向かって進み、大谷向交差点で左折する。直進し県道245号を進み、県道169号線との交差点で右折すれば、大笹牧場の看板が見えてきます。
県道245号線の途中からは、カーブの多い曲がりくねった道が続くので、車酔いしやすい人は酔い止めを服用しておくことをお勧めします。

 

 

 

大笹牧場オートキャンプ場の施設紹介

キャンプ場受付

 

キャンプ場の受付は、大笹牧場レストハウスの売店内にあるサービスカウンターで行います。レジの店員さんにキャンプ場利用であることを伝えると、受付を行ってもらえます。受付の際、希望すれば1サイトに1つ懐中電灯を貸し出してくれます。

 

 

 

キャンプサイト

 

新しいキャンプサイトは、もともとアスレチック広場だった場所を造成し、2019年5月にリニューアルオープンしました。緩やかな傾斜を段々畑状にしてあるので、どのサイトも平坦で四角く区切られています。ランドロックが張れたので、広さは8×8㎡以上はありそうです。

 

 

サイト間はロープで区切られているだけなのでプライベート感には欠けますが、2~4サイトがまとまった形になっているので、グループキャンプには利用しやすいですね。

 

 

地面は砂利が敷かれていて比較的水はけは良いサイトです。雨が降った直後は水たまりができる場所もありましたが、少し経つと水が引いていました。

 

 

サイトには全て電源があり、2サイトごとに電源ボックスが1つ設置されています。ボックス内にはコンセントの差込口が2つあり、サイト毎に1つずつ利用するようになっています。

 

 

トイレ

 

キャンプ場のトイレは、キャンプサイトの一番上側にある建物です。女子トイレには個室が6か所ありますが、洋式トイレは1か所だけで残りは和式でした。中央の多目的トイレも洋式なので、混み合う時はこちらを使用しました。掃除は行き届いていて、気持ちよく使用できます。

 

 

 

炊事場

 

キャンプサイトの一番下(車道側)に炊事場とシャワールームがあります。炊事場の蛇口は5カ所あり、洗剤やスポンジ、三角コーナーが設置されていました。掃除は行き届いていて不潔感はありません。こちらのキャンプ場は基本的にゴミは持ち帰りとなりますが、炭や灰のみ炊事場の右側にある箱に捨てられるようになっています。

 

 

ただこの炊事場、もともと洗い場がかなり高いうえに足元が10㎝ほど下がっているので、小柄な女性だと足台がないと洗い物がしにくいかもしれません。なんでこんなに高いんだろう…(;^_^A
炊事場はこの1か所ですが、キャンプサイト上側のトイレ近くにも手洗い場があり、そちらにも三角コーナーが設置されていたので、混み合う時はこちらを利用してもよさそうです。

 

 

シャワールーム

 

炊事場の横には、個室のシャワーブースが5つ並んでおり、10分100円で温水シャワーが利用できます。シャワーブースは新しく、こちらも掃除が行き届いていました。

 

 

基本的にキャンプ場の設備は、以前からある牧場のトイレや手洗い場を流用しているため新しくはありませんが、きちんと掃除がされているので問題なく使用できました。

 

 

大笹牧場の楽しみ方

動物とのふれあい・乗馬体験

大笹牧場の一押しアクティビティといえば、やはり動物とのふれあいです。キャンプ場のすぐ上には、ミニチュアホースや羊、ヤギと触れ合える広場があります。普段は広い放牧場でのんびり過ごしている動物たちですが、エサをあげるとたくさん集まってきてくれます。

 

 

そして大笹牧場でぜひ体験してみたいのが、手ぶらで楽しめる乗馬体験です。サラブレットやポニーに乗って、スタッフさんに引かれながらのんびり散歩する「ひき馬 (1,000円)」だけでなく、自分で手綱を持って森の中を歩く「ホーストレッキング (3,000円)」も楽しめます。

 


出典:大笹牧場公式

 

 

芝ソリ滑り

キャンプ場のすぐ隣には、芝ソリ滑りのゲレンデがあります。この日は整備中だったようですが、こちらの芝ソリ滑りは傾斜が大きめで、大人でもスリルを楽しめると人気です。ソリは30分500円でレンタルできます。

 

 

 

アスレチック広場

大笹牧場レストハウス前の駐車場から、第2駐車場側に少し下りたところには、2019年5月にリニューアルされた「アスレチック広場」があります。全30種類の遊具は、小さいお子さんでもチャレンジできるものが多く大人気です。

 


出典:大笹牧場公式

 

 

体験コーナー

大笹牧場レストハウスでは、陶器の置物に絵付けをする「お絵かき体験」、アイスクリームやバターを手作りする「食の体験工房」があります。特に職の体験は、牧場ならではの新鮮な食材で使い、自分で作れるので、こども達にとっては貴重な体験になりますね。

 

 

 

絶品グルメ

ジンギスカンハウス

大笹牧場で人気なのが、新鮮なラム肉を使った「ジンギスカン」です。ジンギスカンハウスでは、ジンギスカン鍋がテーブルにセットされており、気軽に焼肉を楽しむことができます。またうどんやカレーライスなどの軽食もありますので、お子さんも安心して利用できます。

 

 

 

ソフトクリーム&牛串

大笹牧場に来たらぜひ食べたいのが、人気ナンバーワンのソフトクリームと牛串です。ソフトクリームはミルクの風味がしっかりとしてやさしい味でした。牛串はボリューム満点、気軽に美味しいお肉が食べられる人気商品です。

 

 

 

乳製品や牛肉加工品をおみやげに

大笹牧場の売店は、乳製品や肉加工品を中心に、お菓子や日光の名産品なども揃っており、旅のお土産を買うのにぴったりのお店です。新鮮な牛乳やチーズを家でも楽しめるのはうれしいですね。キャンプ用品はありなせんが、ロックアイスは売られていました。

 

 

 

まとめ

大笹牧場オートキャンプ場は、人気の観光牧場に併設されており、場内に遊び場やアクティビティがそろっているので、天気の良い日には場内で1日楽しむことができます。また日光方面へのアクセスも良く、観光を兼ねて訪れるのもいいですね。ただ「霧降高原」というだけに霧が出ることが多く、道中曲がりくねった山道が続くので、運転には注意したいですね。夏のキャンプの予定がまだこれからという方は、標高1000m以上の場所にある大笹牧場オートキャンプ場で真夏の避暑キャンプを楽しんでみてはいかがですか?

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

 

コメント

コメント