Helsport(ヘルスポート)今年の注目はValhall(バルホール) Gimle Family 4(ギムレーファミリー4)

キャンプ道具

「ヘルスポート社」は北欧ノルウェーのアウトドアメーカーで冬キャンプに特化したテントやシュラフが人気です。去年は、玉ねぎ型をした独特のシルエットの「バランゲルドーム」がキャンプシーンを席巻しましたよね。今年はそのヘルスポートのテントの中でも、トンネル型の2種類のテントが注目されています。ではsotosotodays展示会からヘルスポートのテントを紹介していきたいと思います。

 

 

Valhall(バルホール)


出典:HELSPORT公式

 

サイズ:W780×D300×H210㎝
収納サイズ:32×52㎝
重量: 10.73㎏(ペグ含)
素材:ポール…Yunan Pressfit(アルミ)、テント外布…Helsport Rainguard(R)FR(ポリエステル)、
内側テント…Helsport Airflow FR(ポリエステル)、布製フロア…HelsportRainguard(R)FR
価格:228,000円(税抜)

 

 

難燃素材・煙突ポート付の薪ストーブ仕様


出典:HELSPORT公式

バルホールの最大の特徴は、トンネル型テントでありながら、天井に薪ストーブ用の煙突ポートを備えていることです。しかも素材は軽量でありながら、難燃性もあるポリエステル素材を使用しています。しかもスカートが無くても隙間風が入ってこないよう、地面ギリギリに幕を設営できる構造となっており、最強の4シーズンテントといえそうです。

 

 

設営の簡単なトンネル型


出典:HELSPORT公式

バルホールは、設営の簡単さで人気のトンネル型を採用しています。さらにその横長のフォルムと落ち着いたカラーはシャープな印象。それでいて高さは180㎝と男性でも立って移動できる居住性も備えており、オシャレなで快適なキャンプサイト作りができそうです。

 

 

またテントのセットアップが簡単にできるように、自社開発のポールカップと色分けされたポール/ポールを採用しています。

 

 

オプションのインナーテントを2カ所に設置可能

 

バルホールは、テントの両端にインナーテントができるようになっており、最大8人で利用することができます。インナーテントは釣り下げ式で簡単に設営できます。またインナーを使わずにシェルターと利用すれば、大人数でのグループキャンプのリビングとして使用できます。

 

 

Gimle Family 4(ギムレーファミリー4)


出典:HELSPORT公式

 

サイズ:W540×D300×H190㎝
収納サイズ:29×50㎝
重量: 7.8㎏(ペグ含)
素材:素材:ポール…Yunan Pressfit(アルミ)、テント外布…Helsport Rainguard(R)FR(ポリエステル)、内側テント…Helsport Airflow FR(ポリエステル)、布製フロア…HelsportRainguard(R)FR
価格:118,000円(税抜)

 

 

ファミリーにちょうどいいサイズ

 

「バルホールはカッコいいけど、幅780㎝は大きすぎて区画サイトでの利用が難しいのがちょっと…」という方にはギムレーファミリー4がオススメ。幅540㎝とファミリーにちょうどいいサイズでありながら、室内高はバルホールと同じ180㎝です。インナーテントは4人用ですが、反対側に2人を収容できる追加のインナーテントを後付けすることもできます。さらに価格がバルホールの半額程度なのもうれしいところですね。

 

 

ダブルジッパー採用の2重窓

 

ギムレーファミリー4は、バルホールと違い煙突ポートを備えていません。しかし両サイドの窓はダブルジッパー使用となっているので、工夫すれば窓から煙突を出すことができそうです。また窓のサイドには耐火性プラスチックの小窓が付いており、テントの中から外の様子を確認することができます。

 

 

まとめ

ヘルスポートのテントは、北欧のアウトドアメーカーらしく冬キャンプに特化した装備が充実しています。しかもバルホールとギムレーファミリー4は、使いやすいトンネル型(カマボコ型テント)を採用していることで使い勝手も抜群。ネットストアでは、すでに品薄状態となっていますので、欲しいと思った方は早めに手に入れるのがお勧めですよ。

 

 

※テント内での薪ストーブの使用は一酸化炭素中毒の危険性があります。一酸化炭素検知器を必ず設置し、自己責任で使用してください。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

コメント