サバティカル(SABBATICAL)からTC素材の大型シェルター「スカイパイロットTC」が登場

キャンプ道具

2019年8月20日A&Fカントリーの新ブランド「サバティカル(SABBATICAL)」がついにそのベールを脱ぎました。今回発表されたのは、TC素材(ポリコットン)のシェルター2モデルとタープ2モデルです。今回はその中でも、既存のシェルターに足りなかった機能を全て取り込んだ、新しいデザインの大型シェルター「スカイパイロット TC」を早速見ていきたいと思います。

 

モーニンググローリーについてはこちらをご覧ください。

サバティカル(SABBATICAL)「モーニンググローリー」は開放的なパッカンスタイルのワンポールテント
新作テントの発表からわずか1日で、すでにキャンプシーンを席巻している新ブランド「サバティカル」。今回はその斬新なデザインと手ごろな価格で争奪戦必死の「モーニンググローリー」を見ていきたいと思います。展示会レポこちら についてはこちらをご覧く

展示受注会レポはこちら

【展示会レポ】サバティカル「スカイパイロットTC」のすべてがわかる!画像たっぷりでおすすめポイントを徹底解剖
2019年8月にA&Fの新規ブランドとして始動するや、またたく間にキャンパーの注目度が急上昇中の「SABBATICAL(サバティカル)」。新製品のお披露目前に売り切れ続出という異例の事態の中、各地で開かれている展示会は大盛況です。そ
【展示会レポ】サバティカル「モーニンググローリーTC」のすべてがわかる!詳細画像でおすすめポイントを徹底解剖
2019年8月にA&Fの新規ブランドとして始動するや、またたく間にキャンパーの注目度が急上昇中の「SABBATICAL(サバティカル)」。そのスタイリッシュな見た目で、新製品はお披露目前に売り切れ続出という異例の事態。そんな人気のテ

 

スカイパイロットTC(SKYPILOT TC)

スカイパイロットTCは、これまでのワンポールテントやツーポールシェルターへの不満点をうまく解消した、快適で使い勝手の良いデザインが採用されています。

 

【スペック】

サイズ:W720×D440×H270㎝
重量:本体14.7kg、ポール5.6kg、ペグ2.1kg
カラー:フォレストグリーン、ライトベージュ
付属品:本体、センターポール×1、サブポール×4、ハンガーテープ×2、ペグ×20、3mロープ×8、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・ロープケース

本体価格:76,800円(税抜)

 

 

①室内空間が広い

 

ワンポールテントや2ポールテントは、端に行くほど天井が低くなることで、実際のサイズに比べて有効面積が狭くなってしまいます。しかしスカイパイロットTCは、各辺の中央にサブポールを配置することで垂直の立ち上がりを作り、有効面積を大幅に広げています。

 

 

②設営が簡単

 

スカイパイロットTCは、空間を広くするためのサブポールを増やしたことで、ワンポールテントやツーポールテントに比べて設営が煩雑になることが心配されますが、その部分にもきちんと配慮がされています。まず幕にビルディングテープが取り付けられていることで、ビルディングテープがたるまないように4コーナーをペグダウンし、センターポールを入れるだけで幕は自立します。その後にサブポールを建てて、ガイロープでテンションをかけることで、耐風性もキープできる設計となっています。

 

 

③巻き上げられるスカート

 

スカートの無いシェルターではすきま風が吹き込み冬の使用が厳しい、でもスカートがあると跳ね上げた時暖簾のようにヒラヒラして格好悪い。スカイパイロットTCは、そんな悩みに配慮した「巻き上げられるスカート」を備えています。スカートを巻き取って紐でしばることで、跳ね上げた時には美しいシルエットが作り出せます。

 

 

④跳ね上げもできるメッシュ付きのドアパネル

 

暑い時はドアパネルを跳ね上げてタープのように使用できるツーポールシェルターはとても便利ですよね。でも急に横殴りの雨が降った時には、ドアパネルを締め切ると中が蒸し風呂状態になってしまう場合も。パッカンと跳ね上げたいけど、場合によっては締め切ってメッシュシェルターとして使用したい。スカイパイロットTCはそんなわがままに答えてくれるシェルターです。4面のドアパネルにはメッシュを採用しながらも、ペグダウンの位置を工夫することでドアパネルの跳ね上げたり、様々なフォームにアレンジすることもできます。

 

 

⑤TC素材の採用

 

最近は焚火などの火の粉に強く、通気性の良いTC素材が注目されていますが、ツーポールシェルターに限ってみるとほとんどの物がポリエステル素材で、TC素材を採用したモデルは多くはありません。今回サバティカルから発売された4モデルは全てTC素材を採用しており、その中でも大型シェルターであるスカイパイロットTCは、冬場の薪ストーブなどにも対応できることから利便性が高いと考えられます。

 

 

まとめ

スカイパイロットTCは、これ以外にもランタンのハンギングに便利なハンガーテープや開閉しやすいベンチレーションなど、細部にまで使いやすさにこだわった工夫がされており、まさに痒いところに手が届く大型シェルターとなっています。しかも価格が税込みでも8万円台と、このサイズのシェルターとしてはお買い得感がありますよね。大型のポリコットン幕を探していた方にとっては、サバティカルのスカイパイロットTCはかなり有力な候補となるのではないでしょうか。

「SABBATICAL」展示受注会は、8月24日から全国のA&Fカントリー直営店で開催されます。興味のある方は、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

日程店舗開催時間
8月24日-8月25日A&Fカントリー E-ma店8月24日:11時-18時
8月25日:11時-17時
8月31日-9月1日A&Fカントリー 昭島アウトドアヴィレッジ店11時-16時
8月31日-9月1日A&Fカントリー 松本店11時-16時
8月31日-9月1日A&Fカントリー 福岡店8月31日:15時-20時
9月1日:9時-16時
9月7日-9月8日A&Fカントリー KASHIWANOHA T-SITE店11時-16時
9月14日-9月16日A&Fカントリー 昭島アウトドアヴィレッジ店11時-16時
9月14日-9月16日A&Fカントリー 松本店11時-16時
9月21日-9月22日A&Fカントリー ららぽーと横浜店10時-18時
9月21日-9月22日A&Fカントリー ささしまライブ店9月21日:11時-18時
9月22日:11時-16時

上記のテント展示会は諸事情により予告なく変更又は中止の場合もあります。

※ 記事に使用している写真及び展示受注会予定表は全てSABBATICAL公式よりお借りしています。

関連記事

【展示会レポ】サバティカル「スカイパイロットTC」のすべてがわかる!画像たっぷりでおすすめポイントを徹底解剖
2019年8月にA&Fの新規ブランドとして始動するや、またたく間にキャンパーの注目度が急上昇中の「SABBATICAL(サバティカル)」。新製品のお披露目前に売り切れ続出という異例の事態の中、各地で開かれている展示会は大盛況です。そ

コメント

コメント