【展示会レポ】サバティカル「モーニンググローリーTC」のすべてがわかる!詳細画像でおすすめポイントを徹底解剖

キャンプ道具

2019年8月にA&Fの新規ブランドとして始動するや、またたく間にキャンパーの注目度が急上昇中の「SABBATICAL(サバティカル)」。そのスタイリッシュな見た目で、新製品はお披露目前に売り切れ続出という異例の事態。そんな人気のテントの展示会が開かれるとのことで、私もA&Fカントリー KASHIWANOHA-T-SITE店の「SABBATICAL」展示受注会に参加。注目の「スカイパイロットTC」「モーニンググローリー TC」「マリポサ TC」を細部まで徹底的にリサーチしてきました。今回は、その中でもちょうど良いサイズ感と使い勝手の良さで人気ナンバーワン間違いなしの「MORNING GLORY TC」を見ていきたいと思います。

 

モーニンググローリー TC (MORNING GLORY TC)


出典:SABBATICAL

 

仕様

サイズ:W470×D470×H270cm
重量 :本体9.2kg、ポール3.7kg、ペグ1.45kg
カラー:フォレストグリーン、ライトベージュ
付属品:本体、センターポール×1、フロントポール×1、サイドポール×2、ハンガーテープ×1、ペグ×14、ロープ×7、キャリーバッグ、ポールケース、ペグ・サイズ:W470×D470×H270cm

価格 :39,800円(税別)、インナーテント 11,800円(別売り 税別)ロープケース

 


出典:SABBATICAL

 

 

モーニンググローリーTCの特徴

TC素材の採用

 

今回サバティカルから発売された4製品は、全て天然繊維のコットンと化学繊維のポリエステルの混紡繊維である「TC素材」が採用されています。TC素材は抜群の遮光性と通気性を兼ね備えており、夏は涼しく過ごすことができます。またポリエステルに比べて火の粉に強いのも、焚火好きのキャンパーにはうれしいですね。生地の性質上、完全に防水をする事はできませんが、雨に濡れるとコットンが膨張して雨の浸入を防ぐ効果があります。私は他社のポリコットンテントを所有していますが、かなりの雨でも雨漏りしたことはありませんし、何より結露が少ないのがうれしいです。そして下記の写真が、今回発売された2色のテントのTC素材の本体とポリエステルのスカートの画像です。色は下記の写真の色と近く、「ライトベージュ」は明るめの爽やかなベージュ。「フォレストグリーン」はかなり濃い緑です。2色とも遮光性が高く、日差しをしっかりと防ぎますが、フォレストグリーンは遮光性が高すぎて、日中でも入り口を締め切ると幕内がかなり暗い印象です。

 

 

 

開放的な大型フロントパネル

 

モーニンググローリー最大の特徴は、3本のサブポールによって立ち上げられた、その広いフロントパネルです。このスタイルは、ベテランキャンパーの方がワンポールテントにポールを足して、全面を「パッカン」と大開口したスタイルと似ていますよね。

 

 

このパッカンスタイルの開放感を簡単に実現できる、モーニンググローリーのデザインは本当に秀逸です。この開口部にポールを足して立ち上げるスタイルは、2020春夏のオガワの新作テントにも採用されていて、今年のトレンドになりそうですね。

 

 

フロントパネル全面がメッシュ


出典:SABBATICAL

 

さらにこの大開口のフロントパネルは、全面をメッシュパネルにすることもできます。これまで、「設営の簡単なワンポールテントは魅力的だけど、虫が入り放題なのが気になる。」と思っていた方も、メッシュパネル越しこんなに開放的な景色が楽しめるモーニンググローリーなら夏のキャンプも安心ですね。

 

 

バックパネルとサイドパネルで多彩な使い方を実現


出典:SABBATICAL

 

モーニンググローリーは、後方にバックパネルとサイドパネルという2種類のドアを備えています。バックパネルは一番後方の部分で、下から上に向かって2段階に巻き上げることができます。

 

 

サイドパネルは、バックパネルの両側のパネルで、前方に向かって横向きに巻き上げるようになっています。サイドパネルはインナーテント使用時は換気用、インナー不使用時は出入口とシェルターの使い方の幅を広げてくれます。

 

 

バックパネル側はダブルジッパー

 

モーニンググローリーは、冬の凍結に強いビストロンジッパーを採用しています。センターパネルはシングルジッパーですが、なんとバックパネル部分のファスナーにはダブルジッパーが採用されているんです。そのため、冬キャンプで薪ストーブを使用する際は、サイドパネルから縦出しで煙突を出すことも可能です。(メーカーはテント内での火気使用を禁止しています。テント内で薪ストーブを使用する際は、火災や一酸化炭素中毒に十分注意し、一酸化炭素チェッカーを使用して自己責任で利用してください。)

 

 

2種類の工夫されたベンチレーション

 

モーニンググローリーには、2種類のベンチレーションが備えられています。一つ目は天井部分のベンチレーションですが、こちらはスカイパイロットと同様に開閉用に長めのバーが取り付けられており、開けた際のパネルはヒラヒラしないようにコードでまとめることができます。

 

 

そして2つ目のベンチレーションは、フロントパネルの両サイドの下側にあります。こちらはポールが内側に傾斜している部分に設けられている為、雨が侵入しにくい作りとなっており、特にセンターパネルを締め切った時の換気に役立ちます。

 

 

 

ハンガーテープなど使い勝手の良い工夫が随所に

 

モーニンググローリーには、その他にもユーザーの使い勝手を考えた工夫が随所に見られます。天井部分には、ランタンを掛けるのに便利なハンガーテープが備えられています。このテープには3カ所にリングがあり、好きな場所に必要な個数のランタンを吊るせます。このハンガーテープは、センターポール部分と入口のポール部分に縫い込まれているテープの鳩目に、ハンガーテープの端についたフックを引っ掛けるだけで簡単に取り付けられます。

 

 

またモーニンググローリーには、幅14㎝程度のスカートが備えられており、幕内への風の吹込みを防いでくれます。

 

 

収納袋はスカート部分と同じポリエステル素材でシンプルな作りです。

 

 

 

設置が簡単なインナーテント


出典:SABBATICAL公式

 

モーニンググローリーには、専用のインナーテントがオプションとして準備されています。仕様は以下の通りです。

 

サイズ:W395×D220×H220cm
重量 :2.55kg
素材:ポリエステル
付属品:本体、ピンペグ×3(ジュラルミン17㎝)、収納ケース、ペグ・ロープケース価格 : 11,800円(別売り 税別)
出典:SABBATICAL

 

 

インナーテントは、センターポール上方にフックで引っ掛けるようになっています。この形であれば、脚立などを使えばテント設営後でもインナーテントを着脱できそうなので、使い方の幅が広がりますね。

 

 

インナーテントの扉は、センターポール部分を中心に左右2カ所に分かれて開くようになっています。また後方にも1か所扉があります。扉は全てフルクローズとメッシュの2重構造になっているので、4シーズン使用が可能ですね。

またインナーテントには、小物を入れるメッシュポケットやコードを引き込むためのファスナーなど使いやすい工夫がなされています。

 

 

インナーテントの広さは、下記の画像を見ていただいた通り、横向きに大人2人がゆったり横になれるサイズです。

 

 

縦に使おうとすると、大柄な方だと足がはみ出してしまいますね。164㎝の私であれば、同じ場所にギリギリ収まります。大人2人と小さなこども2人くらいであれば、両端に斜め方向に大人が横になり、真ん中にこどもが寝れば何とか4人で休むこともできそうです。(荷物は外に置くことになりますが。)

 

 

(A&Fのスタッフの方にブログへの掲載許可をいただき、撮影にご協力いただきました。ありがとうございました。)

 

 

まとめ

サバティカルのモーニンググローリーTCは、ソロから少人数ファミリーまで幅広いキャンパーに対応できる使い勝手の良いシェルターですね。開放感あふれるデザインと、ユーザーの使い勝手をしっかりと考えた作りは、かなり完成度が高いです。私も展示会で実物を見て、そのサイズ感と使い方のバリエーションの多さに一目惚れ。すでにフォレストグリーンは完売してしまいましたが、ライトベージュは通常ラインとして継続販売されますので、欲しい方は最寄りのA&Fの販売店に問い合わせてみてくださいね。

 

関連記事

【展示会レポ】サバティカル「スカイパイロットTC」のすべてがわかる!画像たっぷりでおすすめポイントを徹底解剖
2019年8月にA&Fの新規ブランドとして始動するや、またたく間にキャンパーの注目度が急上昇中の「SABBATICAL(サバティカル)」。新製品のお披露目前に売り切れ続出という異例の事態の中、各地で開かれている展示会は大盛況です。そ
サバティカル(SABBATICAL)「モーニンググローリー」は開放的なパッカンスタイルのワンポールテント
新作テントの発表からわずか1日で、すでにキャンプシーンを席巻している新ブランド「サバティカル」。今回はその斬新なデザインと手ごろな価格で争奪戦必死の「モーニンググローリー」を見ていきたいと思います。展示会レポこちら についてはこちらをご覧く

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント

コメント