【ogawa展示会レビュー】Tasso/タッソ 5つのスタイルに変化する変幻自在ワンポールテントを初公開

キャンプ道具

今回はふもとっぱらで外遊びに出展されていた、ogawa展示会に潜入してきました。この展示会ではオガワから2020年に発売されるテント達が勢ぞろい!その中でも特に気になったのが、Tasso(タッソ)という名のワンポールテントです。6角形・7角形・8角形に自在に変化するだけではなく、今大注目の前面を跳ね上げたスタイルにもすることも可能。さらに驚く変化が待っていました!!詳細をぜひご覧ください。

 

Tasso(タッソ)の仕様


出典:ogawa展示会

ここで紹介するスペックは、展示で表示されていたものです。発売は来年春になりますので、今後仕様が変更される可能性があります。

■重量/フライ:3.1㎏ ポール:0.99㎏
■素材/フライ:ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1,800㎜) ポール:6061アルミ合金30㎜
■収納サイズ/74×22×22㎝
■サイズ/《六角形》370×250㎝・《七角形》430×220㎝・《八角形》480×195㎝
■カラー/ダークブラウン
■付属品/ガイドシート、ガイドロープ、張り綱、Iアインハンマー、スチールピン、収納袋
■価格:39,800円(税抜)

 

 

Tasso(タッソ)の特徴

六角形・七角形・八角形に変形

タッソは、フライシートの2カ所にあるファスナーを開放ことで幕を六角形・七角形・八角形に変更することが可能、センターポールの長さをかえて設営性すれば床面積が違う3種類のテントに変化します。上の写真が八角形で設営した状態で、高さが195㎝、直径が480㎝と床面が広い形になります。ローベンスのグリーンコーンに似ているなと思いました。下の写真はファスナーを全て閉めて6角形に張った状態で、一般的なモノポールテント形状です。直径370㎝(たぶん幅が狭い場所を計測した長さだと思われます)とやや狭めですが、体感はサーカスTCとさほど変わらない印象でした。

 

 

 

前面を跳ね上げタープ上に変形

さらにタッソの一番の特徴が、六角形に設営した後、ファスナー2か所を開けて前面を跳ね上げた、このパッカンスタイルではないでしょうか。はねあげることで前面をかなりゆったり使えるようになるので、タープを張らなくても過ごすことができそうです。

 

 

 

跳ね上げたままドアパネルを装着

さらに驚いたのが、この跳ね上げスタイルをそのままに、前面にメッシュドアを後付けできるオプションが開発されているということ!これ画期的ですよね。今回の試作品第1弾ドアパネルはメッシュのみでしたが、今後の開発段階でフルクローズできる仕様にする可能性もあるとのこ。これを使えばセンターポールからドアパネルまで3m近い前室を設けることができるので、本来1~2人用のタッソを2~3人用として使うこともできそう。夏は開放的に、冬はおこもりスタイルでと夢が膨らみます。

 

 

 

このクオリティーでこの価格はお得

そしてこのテント価格が39,800円とogawaのテントにしてはかなりリーズナブルなんです。それでいて、クオリティーはさすがオガワという作り。

 

ガイドシートとガイドロープ

 

タッソには、設営用のガイドシートとガイドロープが準備されており、この基準に沿ってペグを打ちフライをセットするだけで、簡単に3種類の立て方ができるようになっています。ガイドシート、ガイドロープ共にしっかりした作りですね。

 

 

ベンチレーション

 

ベンチレーションは、ピルツなどと同じようにセンターポール横のロープを引くだけで、内側から開閉できるようになっています。またベンチレーションにはメッシュが装着されており、虫の侵入も防げます。

 

 

トリプルジッパー

そしてうれしいのが、2か所の出入り口にはトリプルファスナーが採用されていることです。薪ストーブの煙突もスムーズに出せるので、冬キャンプでも使いやすいのがうれしいですね。(テント内での火器の使用は禁止されていまので、自己責任での使用となります。)

 

 

ツインピルツLのインナーがシンデレラフィット

さらにインナーテントは、同じく2020年発売予定のツインピルツLの2人用インナーがジャストフィットするとのこと。夫婦やカップル、父子母子キャンプでも活用できそうですね。

 

 

更なるアップデートが待っている?!

さらにスタッフの方と話をしていると、今後このTassoはシリーズ展開する可能性があるとのこと。現在はTCバージョンを検討中とのことで、ポリコットンテント好きの私としては、目が輝きました。

 

 

まとめ

39,800円でこのクオリティー、変幻自在でいろいろなタイプのテントとして使用できるTasso(タッソ)は、ワンポールテント戦国時代の中でも、かなり注目の一張りになるのは確実です。現在も更なる開発が加えられているこのテント、来年の春が待ち遠しくなりますね!

 

 

関連記事

【展示会レポ】ogawaのスタッフも愛用「ロッジシェルターT/C 」5つのおすすめポイントと4つの注意点
今日はグランドロッジ柏の葉で開催されていたオガワの展示会を見学。ずっと気になっているロッジ型テント「ロッジシェルターTC」も展示されていたので、隅々までチェック! さらにスタッフの方からいろいろお話を伺うこともできたので、「ロッジシェルター
【展示会レポ】ogawa 万能ベル型テント グロッゲ8の5つのおすすめポイントを紹介
グランドロッジ柏の葉で開催されていたキャンパルジャパンの展示会を見学。今回はオガワの人気テント、グロッケ8とグロッケ12が展示されていたんですが、やっぱりオシャレで何度見ても目を奪われますね。ということでグロッゲ8を徹底的にチェックしてみた

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

 

コメント

コメント