【ogawa 展示会レビュー】ツインクレスタ ~Yポール採用で広々空間!快適さを追求した中型ツーポールシェルター~

キャンプ道具

今回はふもとっぱらでそとあそびに出展されていた、ogawa展示会に潜入してきました。この展示会ではオガワから2020年に発売されるテント達が勢ぞろい!その中で、今回は新型ツーポールシェルター「ツインクレスタ」を紹介していきます。ツインピルツフォークより一回り小さいサイズながら、Yポールを採用することで広い室内空間を実現。さらにユーザーのニーズを取り入れ、快適に過ごせる機能が満載で使い勝手がよさそう。ではさっそく詳細を見ていきたいと思います。

 

Twin Cresta(ツインクレスタ)の仕様


出典:ogawa展示会

ここで紹介するスペックは、展示会で表示されていたものです。発売は来年春になりますので、今後仕様が変更される可能性があります。

■重量/フライ:5.35㎏ ポール:1.5㎏
■素材/フライ:ポリエステルリップストップ75d(耐水圧1,800㎜) ポール:6061アルミ合金22/14.5㎜
■収納サイズ/72×26×26㎝
■サイズ/570×305×200㎝
■カラー/サンドベージュ×ダークブラウン
■付属品/張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋
■価格/68,000円(税抜)

 

 

ツインクレスタの特徴

Yポール採用で広い室内空間を実現

ツインクレスタには、天井部分がY型に広がったポールが採用されています。この構造により、ツーポールテントの「設営が簡単で立てやすい」というメリットはそのままに、「端に行くにしたがって天井高が低くなりデッドスペース多い」というデメリットを軽減し、大幅に快適性を高めています。

 

 

 

二股ポールを使用すれば室内レイアウトも楽々

さらにツインクレスタには、オプションだと思われますが2股ポールも準備されています。中央にポールが無いことで、空間を広く使うことができますし、レイアウトの幅も広がるのがうれしいですね。

 

 

 

ドアパネルにはサイドウォールを装備

ツーポールシェルター最大の魅力は、前後の大型ドアパネルを大きく跳ね上げ、タープとして利用できることですよね。でもドアパネル部分を跳ね上げている状態で横殴りの雨が降ってきた場合、テント内に雨が降り込むことも。そんなユーザーの声を反映し、ツインクレスタにはサイドウォールが完備されています。またこのサイドウォールは、開放的に使いたいときには巻き上げることも可能です。

 

 

 

サイドのドアパネルにはメッシュ採用

さらにツインクレスタの左右のドアパネルには、大型のメッシュ窓が採用されています。このメッシュがあることで、夜間などドアパネルを締め切った状態でも、効率よく換気ができそうです。

 

 

 

専用インナーテント

ツインクレスタには、Yポールに対応した専用インナーテント(オプションだと思われます)があります。こちらのインナーテントは、フルインナーとハーフインナーの中間的な形になっており、大人2人ならゆったり使用できる程度の広さになっています。

 

 

 

まとめ

 

オガワの2020年新商品「ツインクレスタ」は、従来のツインピルツの良さを残しながら、ユーザーの声を反映した様々な工夫が満載のワンランク上のテントです。でも価格は68,000円とエントリーモデルとして検討できる設定なので、「ちょっとコンパクトで設営が簡単なテントが欲しい」という方にちょうど良い商品ではないかと思います。2020年春の発売が待ち遠しいですね。

 

 
http://soracamp.net/2019/11/ogawa-tasso.html

【展示会レポ】ogawaのスタッフも愛用「ロッジシェルターT/C 」5つのおすすめポイントと4つの注意点
今日はグランドロッジ柏の葉で開催されていたオガワの展示会を見学。ずっと気になっているロッジ型テント「ロッジシェルターTC」も展示されていたので、隅々までチェック! さらにスタッフの方からいろいろお話を伺うこともできたので、「ロッジシェルター

 

コメント

コメント