キャンピカ富士ぐりんぱで雨キャンプ②~パークエリア徹底解剖~

キャンプ場

夏休み最後のキャンプ地に選んだのは「キャンピカ富士ぐりんぱ」です。前回はグリーンエリアについて紹介しましたが、今回はパークエリアを見ていきたいと思います。特に今回そらいろが利用した電源無しCサイトを徹底解剖したいと思います。

 

前回の記事はこちら

キャンピカ富士ぐりんぱで雨キャンプ①~グリーンエリア徹底解剖~
8月31日から9月2日まで夏休み最後のキャンプに行ってきました。選んだのはちびっこに大人気の遊園地「ぐりんぱ」に併設された「キャンピカ富士ぐりんぱ」です。標高1200mのキャンプ場は霧に包まれていて、夏とは思えない涼しさ。3日間とも雨がぱら

 

「キャンピカ富士ぐりんぱ」の施設

パークエリア

パークエリアは、ゲストハウスから坂を下った場所にあり、斜面を造成して作られたエリアです。区画サイトが中心で、電源付きのサイトと電源無しのサイト、テントが常設されているセットアップテントサイトがあります。

 

お風呂棟

ゲストハウスから坂を下ると、青い屋根の建物が見えてきます。右の建物は旧ゲストハウスで、今はレンタル品の倉庫などに利用されているようです。左の建物はお風呂棟で、浴室と個室のシャワーブースが男女それぞれ1か所ずつあります。シャワーブースの横にはコインランドリーとコインロッカーがありました。

お風呂棟の建物はやや古いですが、中は清潔に掃除がされていて気持ちよく使うことができます。利用時間は午前8:30~10:30/午後15:00~22:00ですが、休前日やハイシーズンは24:00まで利用できるので便利です。

<浴室>


出展:www.pica-resort.jp

<シャワーブース>

<コインランドリー・コインロッカー>

 

 炊事棟

パークエリアの炊事棟は、旧ゲストハウスの裏側と電源付きAサイト横にあります。炊事棟には、炊事の際に出たごみを捨てるゴミ箱や三角コーナーとネットが常設されています。また小さなこどもがお手伝いをしやすいように、こども用の踏み台もおいてあるのが親切ですね。

各炊事棟の隣にはトイレが併設されています。パークエリアのトイレは、全て洋式の温水便座が設置されており、清潔で使いやすいです。

 

<旧ゲストハウス裏炊事棟>

出展:www.pica-resort.jp

 

<電源付きAサイト横炊事棟>

電源付きAサイト横には、屋内炊事棟と屋外炊事場があります。屋外炊事場横には、廃炭捨て場と焚火台などを洗う水道も設置されています。

 

区画サイト電源無A

お風呂棟と旧ゲストハウスの後方に、区画サイト電源無Aがあります。平坦に造成された広い場所に、区画サイトと、常設テントが整然と並んでいます。サイトの区切りは木材のみで、植え込みなどは少ないのでプライベート感はありませんが、お風呂棟・炊事場・ゲストハウスが近いので便利です。


 

区画サイト電源付きA

お風呂棟・旧ゲストハウスの向かって右側は急な斜面になっており、その斜面にデッキ付きの常設テントサイトが並んでいます。そして、その斜面を降りたところある半円形の広場が電源付きAサイトです。こちらのサイトは扇型の少し変わった形ですが、電源無しサイトに比べて敷地がやや広いです。また平坦に造成されていて、サイトレイアウトがしやすそうでした。

 

区画サイト電源付きB

テラス付きセットアップテントサイト沿いの道を、さらに奥側にすすんだところにあるのが電源付きBサイトです。林の中のサイトなのでテントの大きさやサイトレイアウトに工夫が必要で、炊事場やトイレからも少し離れています。しかし電源付きBサイトは奥まった場所にあるので、他のサイトの利用者が前の道を通り抜けることはなく、プライベート感があるサイトです。

出展:www.pica-resort.jp

 

区画サイト電源無C

そしてパークエリアの一番下側、遊園地のすぐそばにあるのが電源無Cサイトです。右側のF20からF23は平らに造成されたサイトですが、道路沿いは斜面になっている部分があります。中央よりと奥側のサイトF24~ F30は、緩い傾斜がありますが、設営がしにくいというほどではありません。

 

<F20番サイト>

今回そらいろが利用したのはこちらです。斜面を段々畑状に造成してあるのでサイトは平坦で、炊事場やトイレから比較的近いです。写真左側は切り立った段差になっていて、左側手前も斜面になっています。駐車スペースは木材で区切られて砂利が敷かれています。設営が可能な広さは、駐車スペースを含めて奥行き8m×横幅10m程度の印象でした。平坦でテントは張りやすいですが、土部分の右側半分程度がややくぼんでいるのか、大雨の後は水たまりになりました。小雨程度であれば問題ありません。

 

F21~23番サイトは、F20番サイトと同様の形状です。利用されている方がいたので水たまりの程度は確認できませんでした。

 

<F21番サイト>

 

<F22番サイト>

 

<F23番サイト>

 

F24番サイトとF25番サイトは炊事場やトイレに近い場所にあります。サイト全体が緩やかな斜面になっていますが、目立った凹凸はなく設営はしやすそうです。駐車スペースは区切られておらずF20番サイトよりも設営可能な面積が少し広く感じました。大雨の後も小さめの水たまりが数カ所ある程度で、すぐに水が引いていました。

 

<F24番サイト>

<F25番サイト>

 

F26番サイト~F29番サイトは、広いエリアを板やロープで4等分に区切ってあるサイトですので、2~4組程度のグループでのキャンプに利用しやすい形になっています。サイト全体が緩やかな斜面になっていますが、目立った凹凸はなく、駐車スペースも区切られていません。F28番サイトとF29番サイトは角が丸い形になっているので、設営可能面積がやや狭く、サイトレイアウトに工夫が必要になるかもしれません。他の利用者の方が利用されていたので、水たまりは確認できませんでした。

 

<F26番サイト>

<F27番サイト>

 

<F28番サイト>

 

<F29番サイト>

 

<F30番サイト>

F30番サイトは、一番奥に1つだけ離れて作られたサイトです。全体としての広さはあるのですが、横長の作りになっており、奥から手前に向けて緩い傾斜があるのでサイトレイアウトが少し難しそうです。人通りは少なく、ほかのサイトよりプライベート感はあります。

 

コテージ

パークエリアのコテージは、シンプルな見た目とオシャレな内装で、落ち着いて過ごせそうな建物になっています。夜に窓から漏れる照明の光が温かい色で癒されました。

シルバニアファミリーの家は、まさにおもちゃの世界を思わせるかわいい建物で、小さい女の子のいるファミリーにオススメです。

 

 お得な割引サービス

ハッピーフライデー割引・アフターホリデー割引

キャンピカ富士ぐりんぱを含むPICAリゾートでは、金曜と土曜を同施設で宿泊すると、金曜日の宿泊料金が「テントサイト無料」「コテージ・トレーラー半額」になるんです。

同じく日曜日(連休最終日)と翌日を同施設で宿泊すると、月曜(連休の場合火曜)の宿泊料金が「テントサイト無料」「コテージ・トレーラ半額」になります。

さらに金曜日はチェックインが21時までOKなので、仕事や学校が終わってからキャンプ場に向かうことができます。また夜の設営が大変な場合、ハッピーフライデーを利用して土曜日朝7時からチェックインすることもできます。

アフターホリデーについても21時までのレイトチェックアウトとして利用することができるので、ゆっくりとキャンプを楽しむことができます。

予約の際に金曜日から2泊以上でご予約して、通信欄に「ハッピーフライデー利用」と「チェックイン予定日・予定時間」を必ずご記入するといった手続きが必要になりますので、下記のページを確認して申し込んでくださいね(*^-^*)

 

PICA富士ぐりんぱ
雄大な富士山が目の前!遊園地ぐりんぱ隣接の初心者でも快適なキャンプ場『PICA富士ぐりんぱ』(静岡県裾野市)。コテージ、トレーラーも充実!

 

そらいろ
そらいろ

ハッピーフライデーとアフターホリデーは適用日が決まっているから、予約する前に必ず確認してね!

 

遊園地「ぐりんぱ」優待

キャンピカ富士ぐりんぱの利用者は、隣接の遊園地「ぐりんぱ」の入園料が無料になります!

さらにワンデーパスポートも割引料金で購入できます。

入園料:大人 1200円無料 こども・シニア 800円無料 3歳 800円500円
ワンデークーポン:大人 3500円2300円 こども・シニア 2600円1800円 3歳 2600円2200円

 

そらいろ
そらいろ

利用の際はキャンピカ富士ぐりんぱ宿泊ご利用料金のレシートを、遊園地ぐりんぱチケット売り場にて提示する必要があるので、忘れずに持参してくださいね。

 

 

ペットの同伴

「キャンピカ富士ぐりんぱ」は、予約の際にペットを同伴することを伝えてペット料金を支払うことで、テントサイトだけでなく、コテージやセットアップテントサイトに犬を同伴することができるんです! もちろん室内では底のあるケージを利用する必要がありますが、犬連れにはとてもうれしいサービスですよね。

キャンプ場内は、リードでつなげば散歩することができますし、グリーンエリアには広いドッグランもあります。ゲストハウス内や共有スペース、他の方のサイトに近い場所へは同伴できなせんので注意しましょう。

そらいろ
そらいろ

同伴される際は、注意事項を事前に確認して、リードやケージを忘れないようにしましょう。

また遊園地「ぐりんぱ」は、キャンプ場でペット料金を支払っていれば入場無料です。またわんちゃん優待デーというサービスもあり、犬種や色によってサービスが受けられる日があります。

 

施設紹介まとめ

「キャンピカ富士ぐりんぱ」は、フリーサイト・区画サイト・セットアップテントサイト・コテージと様々な施設を備えており、初心者からベテランキャンパーまでそれぞれに楽しめる高規格キャンプ場です。それぞれの目的に合わせてサイトを選んで、楽しい時間を過ごせるといいですね。
 
 
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

コメント