ふらっとキャンプに行きたくなった時には… 巾着田キャンプ場がある!

キャンプ場

ゴールデンウィーク明けの5月はキャンプの予定を全く入れていなかったんですが、週末の土日は快晴、しかも30度以上の夏日と聞いて、「川に行こう!」と急きょ決定。どうせなら河原でキャンプしながら遊びたい、どこかいいところないかなぁと考えていた時、以前ママ友から聞いていた巾着田のことを思い出しました。「まあ混んでたら日帰りでいっか」と軽い気持ちで出かけた無料キャンプ場はどんなところだったのか?ではご覧ください。

 

 

巾着田で川遊びキャンプ

早朝に出発できない我が家


出典:写真AC

キャンプ初日って皆さん何時くらいに家を出発しますか?予約なしのフリーサイトとなると、できるだけ早く到着して場所取りをするのがセオリーですよね。でもそらいろ家はみんなマイペースでのんびり、決めていた時間より大抵30分以上遅れての出発になります。今回も私は6時くらいに起きて準備を始めましたが、他の面々は7時半頃になってやっと起きてくるという(;・∀・) 初めの頃は、「早く起きて!準備して!!」と急かしたり、怒ったりしていましたが、出発前から険悪になるくらいなら、いい場所が取れなくてもみんなが楽しく出発できる方がいいと割り切ることにしています(-。-)y-゜゜゜

 

 

駐車場近くの場所を確保するにはどうすればいい?

 

ということで今回も家を出たのは8時30分、埼玉県東部の自宅から巾着田までは90分程度の予定です。幸い大した渋滞はなく、予定通り10時すぎに到着。トイレの近くのいい場所を確保するには8時前には到着しないと無理なんだろうなぁと思いながら、車を降りて河原にでてみると… なんと、トイレや炊事場にほど近い場所が1区画分くらいぽっかり空いているではないですか?! 10時頃ってちょうど前泊した人が撤収する時間なのかもしれませんね、ラッキーでした。その後も人の出入りを観察していると、デイキャンプの人が撤収する16~17時頃に来る人も結構いましたね。とりあえず日中は木陰のベンチなどで過ごして、夕方場所が空くのを待ってテントを設営するのも手かもしれません。

 

 

河原に設営する時のペグ選び

 

ちょうど娘ちゃんがお昼寝を始めたところだったので、設営は私一人ですることに。最近アスガルド7.1の設営に随分慣れてきたので、テントだけなら30分もかからず建てられるようになってきました。だた今回はとにかく地面が硬い!地中に石が多くてエリステでも歯が立たず、何度も刺さる場所を探りながらハンマーを振るっているうち、手がしびれて力が入らなくなってきました(>_<) 何とかテントを設営し、パパに手伝ってもらって急いでタープも設置。荷物を運びこむのは後にして、しばし休憩することに。あ~疲れた((+_+)) 周りのテントを見てみると、鋳造ペグを使っている人が多かったですが、中には大きな石にガイロープを結び付けて固定している人も。自然にあるものを工夫して使うのも、キャンプの醍醐味って感じでいいですよね。

 

 

 

 

広い浅瀬で川遊びを満喫

 

しばらくすると娘ちゃんが目を覚ましたので、みんなで川遊びをすることに。すぐそばを流れる高麗川は、足首ほどの浅瀬が広がっていて、2歳の娘でも安心して遊ばせることができます。みんなで協力してダムを作ったり、魚やカエルを探したり、虫取り網でトンボを捕まえてみたり。川があるだけで、1日中遊んでいられるのってすごいですよね。大人も童心にかえります。

 

 

巾着田河原は犬もOK

 

公共のキャンプ場の中には、ペット同伴禁止の場所が多いんですが、巾着田河原は犬も利用OKなのがうれしいところ。一緒に川に入ったり、カートの中でお昼寝をしたり。ただ昼間は地面がかなり暑くなるので、足の裏のやけどや熱中症には十分注意が必要です。夏キャンプ用に、マキタの充電式扇風機欲しいなぁ。

 

 

 

旬の物を外で食べるしあわせ

 

この日は30度を超える夏日、食事は簡単に作れて冷たい物ということで昼は「流水麺のそうめん」。夕食は、実家から送られてきた「根まがりたけ」「ローストビーフ」「チーズのアヒージョ」「鮭ごはん」です。もうちょっと彩りを添えればいいんだろうけど、大雑把な性格なもんで(;・∀・) とにかく暑い時には、あっさりした冷たい物、そして旬の野菜や魚なんかがあれば最高です。

 

 

蛙の声が響く夜

 

日が沈むとそこは5月、急激に気温が下がって肌寒くなってきてます。さてまったり焚火を楽しもうかと、寝床の準備のためにテントに入ると… そこには大きな石がゴロゴロと。えっと、ここはどこだったかな? もう写真を撮る余裕もなく、ラグを引っぺがして大掃除です(-_-メ) そしてさらに数時間後には、テント内がドーナツまみれという更なる悪夢に合い、「何やってんのー(゚Д゚;)」という悲鳴が河原に響いたのですが…

それはさておき、私の中では無料のキャンプ場の夜というと、夜更けまで音楽が流れていたり、大騒ぎする人がいたりするイメージがあったんですが、巾着田は違いました。夜10時ごろになると、テントに入る人が多く、焚火をしている人もひっそりと過ごされていました。蛙の声が響く中、静かによるが更けていきます。

 

 

巾着田キャンプ場はファミリーにおすすめ

 

巾着田キャンプ場は、無料にもかかわらず利用者のマナーが良いのが印象的でした。炊事場に生ごみが放置されていることもなく、トイレもいつ使っても比較的綺麗でしたし、ゴミが放置されているのも見かけませんでした。(もちろん日によって違いはあると思いますが。) 高規格のキャンプ場に比べれば、ゴミは全て持ち帰りだったり、炊事場の数が少なかったりと不便な点はいくつかありますが、その不便さを楽しめるのが巾着田だと思います。みなさんも何もないところで遊びを見つける楽しさを、こども達と一緒に体験してみてはいかがですか?

 

巾着田の施設紹介はこちら

 

【無料 キャンプ場】埼玉 巾着田 の施設を詳しく紹介 ~小さいこどもでも川遊びができるおすすめキャンプ場~
5月後半の土日。キャンプの予約は入れていなかったんですが、天気予報を見ると30度以上の夏日予想、しかも晴天らしい。海はまだ海開き前だし、「そうだ、川に行こう!」ということで川遊びのできる近場のキャンプ場に行くことにしたんですが、空前のキャン

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

キャンプ場
そらいろをフォローする
そらいろキャンプ

コメント

コメント