御殿場まるびオートキャンプ場 & 富士山樹空の森 《施設・サイト紹介編》

キャンプ場

2019年秋の連休は台風ラッシュでしたよね。絶好のキャンプシーズンの連休、私ももちろんキャンプ場の予約を入れていたんですが、さすがに3日とも雨はキビシイ。ということで予約先の御殿場まるびオートキャンプ場に電話を入れてみたところ、「11月末の今季営業終了までの期間中であれば、日程の変更可能」とのありがたいお言葉が! ということで11月中旬の金曜日から2泊3日で今年最後のファミリーキャンプに行ってきました。まず今回は、御殿場まるびオートキャンプ場の施設について詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク

御殿場まるびオートキャンプ場の概要

 

御殿場まるびオートキャンプ場

 

住所:静岡県御殿場市印野1379-1
電話:0550-88-5335
営業期間:3月上旬~11月末
チェックイン:13時~
チェックアウト:~11時
利用料:5,500円(1泊)
電源:あり(1泊 1,100円)
標高:600m
ペット同伴:可

 

 

御殿場まるびオートキャンプ場の施設

 

入場口

 

キャンプ場入り口の看板です。ここを左折して細い私道を進んだ先にキャンプ場の入口があります。

 

 

受付・売店

 

キャンプ場のゲートをくぐり、坂道を降りた突き当り右側にあるのが受付棟です。突き当りを右折して受付前にいったん車を停め、管理人さんに声をかけてください。こちらのキャンプ場は、年配のご夫婦2人で切り盛りされているので、土曜日のチェックイン直後など混雑する時間帯は受付や会計に時間がかかることがあります。

 

 

トイレ棟

 

場内には2か所にトイレ棟があり、それぞれ男3・女3の個室があります。

 

 

女子トイレは、和式が2つと簡易置き型便座の洋式が1つです。施設は古いですが、掃除は行き届いていて清潔です。

 

 

洗面所・炊事場

 

トイレの横には、洗面所と炊事場があります。こちらの建物のトイレ側が洗面所、反対側が炊事場です。

 

 

洗面所には大きな鏡が設置されています。洗面所横には洗濯機も置かれており、自由に使うことができます。

 

 

炊事場には洗い場が3カ所あり、1カ所はお湯がでます。炊事場には三角コーナーとネットが常設されており、使用後は各自で三角コーナーのネットを炊事場横のゴミ箱に捨て、新しいネットをセットするように説明がありました。

 

 

炊事場の横には、バーベキューコンロやペグを洗う洗い場も別にありました。

 

 

Dサイト横の炊事場には、自動販売機が設置されていました。また、Fサイトの横には、屋根付きのバーベキュー場と思われる建物がありました。

 

 

 

ゴミ捨て場

 

ゴミ捨て場は、キャンプ場を入ってすぐ左手にあるネット張りの建物です。建物内でゴミを分別して捨てる形になっています。ゴミ袋の指定等はありませんでした。

 

 

炭や灰を捨てる場所は、ゴミ捨て場とは別で、受付棟前の道をAサイトに向かって進んだつきあたりにあります。

 

 

こどもの遊び場

 

キャンプ場入口から入って左側、ゴミ捨て場の奥あたりには3人乗りのブランコが2基あります。(土曜日の午前中までは貸し切り状態だったので、我が家のちびっこが小学生用にのっています。すいません?)

御殿場まるびオートキャンプ場は、すぐ隣に富士山樹空の森があるので遊び場に困ることはありません。それでもすきま時間に少し遊べるところがあるのはうれしいですね。

 

 

また管理棟横トイレの奥には、手持ち花火の指定場所があるので、夜こどもが花火を楽しむこともできます。打ち上げ花火は禁止です。

 

 

サイト紹介

 

御殿場まるびオートキャンプ場は、全てが区画サイトになっています。斜面を階段状に整地して作られたサイトは、1カ所ずつ丸太で仕切られておりプライベート感があります。サイトの広さは公式サイトによると約70㎡となっています。我が家のアスガルド7.1とカリ12を縦並びに張るとこんな感じでしたので、縦7m×横10mといったところでしょうか。一般的なサイズのツールームテントなら設営できますが、大型の幕を使用する場合は事前に相談したほうが良さそうです。

 

 

Aサイトは道路の片側にサイトが並び、反対側はフェンスを挟んで針葉樹の林です。

 

 

B・Cサイトは道の両側にAサイトと同様の横長サイトが並びます。ABCサイトは、高台になっていて、特にCサイトは眺望が良さそうでした。

 

 

D・Eサイトは、斜面の下側に並んだサイトです。ABCサイトに比べると、やや変則的な形の場所もありました。

 

 

Fサイトは、斜面の一番下側にあるサイトです。Fサイトだけは他と少し作りが違っており、広場を囲むように8つのサイトが配置されているので、グループキャンプにも利用しやすそうです。

 

 

周辺の施設紹介

富士山樹空の森

 

御殿場まるびオートキャンプ場から徒歩3分程度の場所には、「富士山樹空の森」という冒険の丘(遊具広場)やパークゴルフ、レストラン棟を備えた総合公園があります。特に冒険の森は、たくさんの遊具があり小学校低学年くらいまでのお子さんであれば、半日くらいは十分に遊べるこどもの遊び場です。広場内は、幼稚園児以上の遊具と幼児用の遊具広場にわかれており、小さいお子さんでも安心して遊ばせることができます。

 

 

 

御胎内温泉健康センター


出典:御胎内温泉公式

富士山樹空の森内には、御胎内温泉健康センターという温浴施設があります。施設内には、内湯だけではなく、富士山を眺めながら入れる露天風呂、サウナなどもあります。

 

 

御胎内清宏園

 

御殿場まるびオートキャンプ場から北西に400mほどの場所には、「御胎内清宏園」という自然公園があり、野鳥や季節の花が観察できる遊歩道や天然記念物溶岩樹形、溶岩洞窟などがあります。

 

 

特にこちらの洞窟は、人工の坑道などとは違って天井がかなり低く、洞窟内の高低差もあって冒険気分を味わえます。

 

 

 

その他周辺施設

 

御殿場まるびオートキャンプ場周辺には、この他にも車で30分圏内に「富士サファリパーク」「富士ぐりんぱ」「富士山こどもの国」といった子供に人気のレジャー施設が数多くありますので、2泊3日で訪れても十分に楽しむことができます。

 

 

まとめ

 

御殿場まるびオートキャンプ場は、高速道路からのアクセスが良く、周囲にこどもの遊び場や温泉がそろう好立地にあります。キャンプ場のサイトは、丸太を使って区切られたプライベート感のある区画サイトで、電源も整備されているので初心者でも安心。施設自体は古い部分もありますが、しっかりと管理や掃除がされています。キャンプ場内から富士山を望めないのは少し残念ですが、樹空の森や御胎内清宏園まで足を延ばせば絶景の富士山を望めます。

これだけの好条件がそろう「御殿場まるびオートキャンプ場」ですが、予約方法が「電話予約のみ」なんですよね。空き状況もネットで閲覧できません。ネットでの予約やキャンセルに慣れた人にとっては、ちょっと敷居が高く感じてしますかもしれませんが、そのぶん連休や長期休暇の時期でも意外と予約が取りやすい気がします。ファミリーキャンプや父子キャンプ・母子キャンプを計画している方には、ぜひオススメしたいキャンプ場ですので、気になる方は一度電話で問い合わせてみてくださいね。

 

次回は御殿場まるびオートキャンプ場でのキャンプレポをお送りしたいと思います。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ場 こどもの遊び場
スポンサーリンク
そらいろをフォローする
そらいろキャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました