【テンマク】ガレージテント 佐久間氏(さくぽん)の情熱が全部詰まったソロキャンプ仕様のロッジテント

キャンプ道具

今期のテンマクは、SNSなどで多くのキャンパーの注目を集めているインフルエンサーとのコラボモデルを続々と発表しています。その中でも特に注目されているのが、 キャンプを愛する2人のクリエーターがデザインした2種類のロッジ型テントです。今回は「Hyper Camp Creators」の 佐久間亮介氏(通称 さくぽん)のガレージテントを紹介。展示会でスタッフの方から聞いた、佐久間さんとの開発秘話なども盛り込んで画像たっぷりでお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

ガレージテント

スペック

出典:テンマクデザイン公式

フライシート素材:屋根/ポリエステルリップストップ150D ・ ウォール/ポリエステル&コットン混紡生地(撥水加工) ・ メッシュ/ポリエステル強化メッシュ、ポリエステルメッシュ
インナーテント素材:ウォール/ポリエステルタフタ68D ・ フロア/ポリエステルリップストップ150D ・ メッシュ/ポリエステルメッシュ
耐水圧:屋根1,500mm ・ インナーフロア1,500mm
収納サイズ:本体(約)700×300×300(幅)mm ・ ポールユニット(約)660×250×250(幅)mm
組み立てサイズ:フライシート(約)2,830×2,310×2,120(高)mm ・ インナーテント(約)1,000×2,050×1,980(高)mm
総重量:(約)25.9kg(ポール/ペグ/張り綱/スタンディングテープ/収納ケース含む)
本体重量:(約)10.76kg(フライ/インナー)
収納ケース:(約)680g
付属品:ポール、ペグ×27本、張り綱×14本、スタンディングテープ、収納ケース×3

 

こだわりポイント

①設営が簡単

ガレージテントは、樹脂パーツとポールを組み合わせて家型を作る、王道の「ロッジテント(てっこつテント)」構造を採用しています。初めはポールの種類や樹脂パーツの向きに戸惑うこともありますが、慣れてしまえば1人でも20分程度で設営できるとのことです。

 

②インナーテントが標準装備

そしてガレージテントには、 1,000×2,050×1,980(高)mm の釣り下げ式インナーテントが標準装備されています。インナーテントには、前後に大きなドアパネルとメッシュがあるので夏でも快適。天井高があるので、大柄な男性でもかがまずに出入りができます。インナーの横幅は100㎝あるので、1人ならゆったり過ごせますし、小柄な女性やこどもとのデュオキャンプにも対応できそうです。

 

③6か所のベンチレーション

ガレージテントには、両サイドの上部に前後2か所ずつ、前と後ろのドアパネル上部それぞれ1か所、計6か所にベンチレーションを備えています。これらのベンチレーションはひさしの下になる位置にありますので、強い雨に見舞われた時でも換気をすることができるので便利です。

またこの位置にベンチレーションを設けたもう一つの理由が、「テント内に迷い込んだ虫を逃がすため」らしいんです。確かに虫って天井近くに逃げ込んで、追い払おうとしてもなかなか出ていきませんよね。キャンプクリエーターらしい視点に納得です。

 

④前面のドアパネルは3種類の使い方が可能

ガレージテントの前面には、ロッジらしいドア型の出入り口が設けられています。でもこの形だと空間が開放的に使えませんし、換気効率もイマイチ。でもガレージテントのドアパネルには工夫が凝らされているのでそんな心配は無用です。

出典:テンマクデザイン公式

ガレージテントの前後の扉は、全開放して跳ね上げることが可能。タープとして日差しや雨を防ぎながら、開放的に過ごすことができます。

更に虫の侵入が気になる方は、前後のドアをオールメッシュにして使用することも可能。あらゆるキャンパーにとって、最高に使い勝手が良いテントを目指しています。

 

⑤サイドにはメッシュと透明2種類の窓

出典:テンマクデザイン公式

オールシーズン用テントであるガレージテントには、さらに冬場のおこもりキャンプにうれしい透明窓も装備されています。悪天候の日や気温の低い時は、テント内で過ごす時間が長くなりますが、窓から外の景色を楽しめることで冬キャンプの楽しみが倍増しますね。

ちなみに反対側の側面は、天井から床までの大きなドア兼窓になっています。

 

⑥こだわりのオレンジカラー

ガレージテントは、温かいオレンジとクリーム色をメインカラーに採用しています。これは、かつてのロッジテントのようなレトロな雰囲気を再現するとともに、森や青空に映えるカラーとのこと。山小屋のような見た目は、男性だけではなく女性にも意外と人気だとスタッフの方に伺いました。

 

まとめ

出典:テンマクデザイン公式

キャンプ大好きなクリエーターの作る、キャンプ好きのためのロッジテントである「GARAGE TENT」。キャンパーの欲しいを全部詰め込みたいという佐久間さんの思いが、ビシバシ伝わってくる楽しいテントでした。触れるごとにニヤッとしてしまう工夫の数々が、キャンプを更に楽しくしてくれること間違いなし。ソロテントをお探しの方は、一度実物をみてもらいたいシェルターです。2020年12月11日以降順次発売予定、楽しみですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ道具
スポンサーリンク
そらいろをフォローする
そらいろキャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました