【テンマク】ブラックサミット/BLACK SUMMIT GG8 ~新作ツーポールシェルター5つのおすすめポイントとは~

キャンプ道具

2021年冬、テンマクデザインから次々に新作テントが発売されます。そんな中から今回は、クールなカラーの変幻自在型ツインポールシェルター「BLACK SUMMIT GG8」をピックアップ。展示会でスタッフの方から聞いた、ブラックサミットオススメポイントについて詳しく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

BLACK SUMMIT GG8 (ブラックサミット)

出典:テンマクデザイン公式

 

スペック

出典:テンマクデザイン公式

素材:本体ポリエステルオックス210D(表面撥水加工)
カラー:ロイヤルブラック
耐水圧:1,500mm
収納サイズ:(約)580×220×220(高)mm
組み立てサイズ:(約)4,680×4,680×2,340(高)mm
総重量:(約)8.47kg(デイジーチェーン/ペグ/張り綱/収納ケース含む)
本体重量:(約)5.45kg収納ケース(約)400g
付属品:張綱×8、張綱用カラビナパーツ×8、ペグ×18、着脱式ペグ用ループ×18、デイジーチェーン×1、収納ケース×3原産国ベトナム
※ポールは別売りです。

 

スタッフのおすすめポイント

①クールなカラー

ブラックサミットは、ダークグレーの本体にブラックの付属品というシックなカラーを採用しています。ダークカラーのシンプルな幕体は、おしゃれでワイルドなサイトを作るのにピッタリですね。(上の展示会での写真には黄色い目印が付いていますが、製品の付属品はブラックとなっています。)

 

②高さを変化させてオールシーズン快適に

出典:テンマクデザイン公式

ブラックサミットは、ポールの高さを多段階に変更できる仕様になっています。また本体裾部分に備えられた着脱式ペグ用ループによって裾の長さも調節可能。 ポールを長くすれば、下部に隙間が生まれ風通しが良くなりますし、ポールを低くすれば、裾部分をスカートとして使用できます。

 

③本体の片側を跳ね上げられる

出典:テンマクデザイン公式

ブラックサミットは、クローズしてツインポールシェルターとして利用するだけではなく、本体の片側を大きく跳ね上げてタープ様に使うこともできます。

出典:テンマクデザイン公式

出入り口となるサイド部分の布は、そのままサイドフラップとして使用することもできますし、巻き上げることも可能なので設営のバリエーションを楽しめます。

 

④広い室内空間を確保

出典:テンマクデザイン公式

ブラックサミットは、メインポール2本でシンプルに設営すると上の写真のような形になります。

出典:テンマクデザイン公式

更にサブポールをサイドに2本入れると、横幅が広がり室内空間を広げることも可能。

出典:テンマクデザイン公式

幕内は十分な広さがあり、コットを横向きに2台、縦なら4台並べることができるほどです。ポールを避ける必要はありますが、様々なレイアウトが可能になりそうですね。

 

⑤付属品がオシャレ

ブラックサミットは、付属品にもこだわりが光ります。ポールや付属のデイジーチェーンはブラックを基調にしたシックなカラーで統一。ちなみにこのポールは別売りにはなりますが、プッシュアップ式なのにブラックサミットの収納ケースに収まるサイズにまで短くできるそうです。

ガイロープにはカラビナパーツが付属していて、簡単に脱着可能です。脱着式ペグループや巻き上げ用ロープの金具のデザインも秀逸。

そして本体やポールにさりげなく施されたロゴもオシャレですよね。

 

JACOB LOGGEVEEN って何?

ところでみなさん、この「JACOB LOGGEVEEN」ってご存知ですか? 由来は、オランダの探検家”である”ヤーコプ・ロッヘフェーン”らしいです。まだ詳細は発表されていませんが、テンマクがある人と展開する全く新しいラインだとか。これから更なる新商品が発表されるのか⁈ 楽しみで仕方ありませんね。

 

設営が簡単で張り方のバリエーションが楽しめるツーポールシェルターは、様々なシチュエーションで活用できるおすすめもテントです。その中でもtent-Mark DESIGNSから発売されるBLACK SUMMIT GG8 は、クールなデザインでオシャレなサイトにも武骨なサイトにもなる秀逸なデザイン。今シェルターに関心を持っている方は、ぜひチェックしてもらいたい一張りです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ道具
スポンサーリンク
そらいろをフォローする
そらいろキャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました