【展示会レビュー】ミニマルワークスの「V-HOUSE M」はオールメッシュ&スカート付シェルターでオールシーズン快適

キャンプ道具

昨年訪れたsotosotodaysの展示会、たくさんの展示品の中で気になるテントがありました。このシャープな見た目のテント、MINIMAL WORKS – ミニマルワークスという韓国メーカーものなんですが、大きなメッシュとワイルドなカラーがカッコいいですよね。昨年はまだ販売数が少なく手に入れることが困難だったのですが、2020年ミニマルワークスが日本に本格上陸するというニュースが! そこで今回はオールシーズン用テント「V-house M」を詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

V-HOUSE M

スペック


出典:UNBY GENERAL GOODS STORE
サイズ: W540 x D305 x H190cm
収納サイズ:W65 x D25 x H25cm
重量:9.2kg
素材:Nylon40D Water Proof 3,000mm, Aluminium
構成:テントスキン1, 側面ドアーベスティブルタイプ1セット(三角2枚) / ストレートタイプ1セット(平2枚), ポール4, ストリング4, ペグ12, 収納バック1
カラー:オリーブ
価格:120,000円(税抜)

 

特徴

①開放的なオールメッシュ仕様

V-houseは、その特徴的でクールなフォルムと大きなメッシュドアによる開放感で、多数のテントが設営されている展示会場でもひと際目を引く存在感がありました。


出典:UNBY GENERAL GOODS STORE
さらにV-houseは、設営の簡単なトンネル型テントながら、全てのドアパネルを開放すればメッシュシェルターとして使用が可能になります。キャンプには出かけたいけど、虫が苦手という方にとってはこのメッシュは心強いですね。
天井部分と両サイドのドア上部には大型のベンチレーションも備えていますので、雨天などでシェルターのドアパネルを絞めた時でも換気が十分行えるようになっています。
 
 

②ドアパネルを跳ね上げればタープいらず

出典:UNBY GENERAL GOODS STORE
V-houseは、メッシュ部分が多く風通しは抜群ですが、天井近くまでメッシュにしたことで直射日光が幕内まで差し込むことも。そこで日差しが気になる時には、両サイドに各2枚あるドアパネルをポールで跳ね上げることで広々としたタープ様に使えるように工夫がされています。
 

③全方向スカート装備で冬キャンプにも対応

V-houseは、全面に大型のメッシュドアの採用するなど、暑い夏を快適に過ごせる工夫が目を引きます。しかしシェルターの裾部分には全面にスカートが取り付けられており、冬場にも使えるオールシーズン用テントとなっています。
 

④オプションのインナーテントやグランドシートでさらに快適


出典:UNBY GENERAL GOODS STORE

V-houseには、インナーテントやグランドシートといったオプションも準備されており、使用すればツールームテントになります。

 

まとめ

ミニマルワークスの「V-house M」は、今年日本に本格上陸したメーカーのテントなので、キャンプ場で見かけることはほとんどなく、他の人と被りたくないという方にはぴったりです。さらにそのデザイン性と開放感でキャンプ場目立つこと間違いなし。またミニマルワークスからは、テントだけでなく「インディアンハンガー」など魅力的なギアも多数販売されています。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ道具
スポンサーリンク
そらいろをフォローする
そらいろキャンプ

コメント

タイトルとURLをコピーしました